日能研での学びが気になる

低学年の学び(1・2・3年生)

ステージⅠ 出会う 仲間と学ぶことに出会う

学びと共に学ぶ仲間と「出会う」ステージⅠ(予科教室)対象学年:小学3年生

新しい仲間と共に、知識や「学び」、自分自身と出会う。
「学ぶって、楽しい! おもしろい!」を感じる。
「もっと学びたい!」「これが学ぶってこと!」
そんな学びの本質とじっくり向き合う準備ステージ。

image

ステージが始まる理由

9歳になる頃。子ども達は「自分にだけわかる世界」から抜け出し、「誰かとわかり合える世界」を少しずつ共有できるようになります。目に見えないもの、抽象的なものの存在にも気づき始めます。
そんな学びの大転換期!この時期、子ども達に出会ってほしいのは「仲間と学ぶ」こと。「なぜ?」「それって、どういうこと?」。日能研の学びには、身近な「?」について「自分で考える」機会がいっぱい。思いついたこと、考えたことを、その場にどんどん出してみる。みんなが自由に発表し合う。大切にしたいのは、「自分とは違う」考え、発想、感想に出会える感覚。
9歳という転換期。自分と「自分以外の人=他者」を区別し始める時期だからこそ、「仲間と共に学ぶ」という授業スタイル、ステージ制の学びが必要。小学3年生からステージが始まる理由です。

さまざまな「点」との出会い

ステージIで子ども達は「点」として知識と出会います。この時期、一つひとつの「点」との出会いを楽しむこと。自由に考え、発想する感覚を大切にすること。それが「もっと!もっと!」という学習意欲を育みます。さまざまな出会い。そのワンシーン、ワンシーンを楽しんでほしいから。知識と知識の間に論理的で客観的なつながりをつくる系統学習はステージIIから。ステージIで「出会う」を楽しめる子ども達は、それから先、いつでもどこでも、どのステージでも、「自分を使って『出会う』」を楽しめるようになるのです。

知識と出会う。「学ぶって楽しい!」出会う。ステージIの学びのテーマ

国語 年間テーマ・・・言葉を使って学び進むための準備
    生活の中の自分
  • 身近な人々を紹介しよう
  • 学校を作ろう
  • 昔で今を考えてみよう
  • ニュースを伝えてみよう
    自然の表現
  • 春を感じよう、春を伝えよう
  • 夏を感じよう、夏を伝えよう
  • 秋を感じよう、秋を伝えよう
  • 冬を感じよう、冬を伝えよう
    言葉が持つはたらき
  • 音を言葉で表そう
  • どのようにして文字ができたのだろう?
  • 昔からの知恵にふれよう(ことわざ)
  • 言葉を絵で表そう
  • 絵を言葉で説明しよう
  • 記号やグラフで表そう
    言葉の使い方
  • 身近な人々を紹介しよう
  • 新聞を読もう
  • 新聞記事を書こう
  • たとえてみよう
  • 言葉からイメージしよう
  • イメージを言葉にしよう
  • 言葉と言葉の関係をとらえよう
    自然の表現
  • 地域でちがう言葉を見てみよう
  • 外国の言葉を見てみよう
  • 何を使って伝えればよいだろう?
  • 身近な人とつながっている「自分」を見つめよう
  • 学校の中での「自分」を見つめよう
  • 社会の中での「自分」を見つめよう

 

算数 年間テーマ・・・身近にある「数」や「形」を題材として「考えること」の楽しさを知る

さまざまな量を自分の視点でとらえ、数を使って表す

    量と数
  • 1は1?
  • どちらを選ぶ?
    かぞえ方のくふう
  • 野山をかぞえよう
  • 積み木はいくつ?
  • カレンダーを見よう
  • 何から食べる?
  • 指で数える
    数と数
  • 計算のしくみ
  • 計算のくふう
  • 生活の中の計算
    数で遊ぶ
  • 数のパズル

さまざまな量を自分の視点でとらえ、数を使って表す

    形と大きさ
  • 数と形
  • 王様のものさし
  • どっちが広い?
     
  • いろいろな形
  • ふたつに折ろう
  • どっちの道で行こうかな?
     
  • 広さをかぞえる
  • 広さをあらわす
    形で遊ぶ
  • タイルのしきつめ
  • さいころの目
  • ぬり分け

 

教室ごとの時間割・費用など詳しい資料をお届けします。

  • 資料請求フォームへ

PageTop

日能研の6年間とステージ制