コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

東京純心の合格について

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
娘は4年生より日能研にお世話になっていました。
本人はどちらかと言うと、のんびりとした性格でしたので、塾の宿題をこなしていくのもマイペースで、なかなか成績も上がらずの日々でした。
また、6年生では転勤があり、右も左も分からない転居先でのスタートとなりました。

日能研だけは引っ越ししてからも続けて通っていましたが、子ども本人には、勉強以外での精神面でのフォローが不可欠となり、親の方は非常に気にかけながらの最後の1年でした。
受験校は、自宅からの通学時間と本人の実力、希望を勘案して、1月は浦和実業、2月は東京純心、立川国際、穎明館、国学院久我山を受験しました。
結果、浦和実業と東京純心に合格をいただきました。東京純心については、4科と2科と2回受験させていただきましたが、4科では合格、2科では不合格となりました。
やはり、算数がネックだったようで、理科や社会もまんべんなくやっていたことが合格につながったのではないかと感じています。
第一志望校ではありませんでしたが、今は合格をいただけた東京純心に通学できますことを、親子で楽しみにしています。

3年間お世話になり、ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop