コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
私・子どもを変えたきっかけ

光り輝く合格をつかみたいか!!!

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は、4年生の後半から日能研に入りました。
その時の偏差値は42でした。
その時はまだ、私学のための塾だとは知らずにいたので、のんびりとマイペースに勉強していました。
そんな僕の気持ちを変えたのは、5年生の愛知県から埼玉県への転校でした。

埼玉県のO校の先生と出会って初めて私学のための塾だと知りました。
そこから、僕はみんなよりも出遅れて受験への道を進んでいくことになります。
この時は、偏差値44でした。
そしてその時の第一志望校の偏差値は53。そこから、僕は自分を追い詰めて勉強に励んでいきました。

ところで、いまこの文章を読んでいるあなたは、授業の中でもっとも大切なことは、黒板に書かれたことを写すことだと思っていませんか?
僕が授業の中でもっとも大切にしていたのは先生の話です。
もちろん黒板を写す事はとても大切なことです。ですがそれはとても当たり前なことです。
先生の話は一つの事柄をとても詳しく説明しています。そのため受験ではとても役に立つのです。
実際僕も先生の話のおかげで、社会、理科でノートには書いてなかったことを答えられ、貴重な5点を獲得し、第二希望の偏差値56の学校は合格できました。
家での大切な学習『テスト直し』をあまりやらなかったために、第一志望校の本郷中学には、あと4点で落ちてしまいましたが。

みなさんは毎週毎週あるテスト直しを何とかやりきって、受験への道を進んで、その先にある光輝く合格をつかんでください。
日能研のクラスは努力順です。
だから、やるべき事をちゃんとやれば、どこにだって合格することは出来るのです。
自分を信じればね。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop