コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

5日間の戦い

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕の第一志望校は、自由な校風のA中でした。

2月1日にA中の日能研の応援場所に行くと、なんとそこにいるはずのない国語(本科)のT先生が立っていました。
パワーをもらって会場に行ったものの、算数が難しすぎて、大幅に失点してしまいました。
そして、不合格でした。

2月2日にK中を受けました。たくさん友達が受けに来ていたので、日能研全国公開模試のような気分で受けることができ、合格しました。

2月3日にA中を受け、2月4日にS中を受けました。S中を受ける時、A中の手応えがとてもよかったので、このままいけば受かる(?)と勝手に確信して、受験会場に行きました。
S中は、自分の平均偏差値以上なので、問題が難しかったですが、最後まで頑張って解ききりました。
結果は、合格でとても嬉しかったです。
しかし、自信があったA中が落ちていたことが発覚し、嬉しいのか悲しいのか分かりませんでした。

2月1日午前にA中を受験し、不合格でした(2月3日発表)。
2月1日午後にT中を受験し、I類のみ合格しました(当日発表)。
2月2日午前にG中を受験し、合格しました(当日発表)。
2月3日午前にA中を受験し、不合格でした(2月4日発表)。
2月4日午前にS中を受験し、合格しました(2月5日発表)。

ここまで来ることができたのは、家族はもちろん、先生方のおかげです。
ありがとうございました。中学生になっても頑張ります。

今この文章を読んでいる人たちに、言いたいことがあります。
もし希望する学校に落ちてしまった時(そうでないことを願っているよ!!!!)、その結果をすぐに忘れることです。
そして、次の学校のことに頭を切り替えて対策をしていけば、どこかは絶対に受かります(そうでないことを願っているよ!!!!)。
皆さんが合格できることを祈っています。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop