コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
日特、オプション講座を受講して
どのようにやっているの?家庭学習
志望校・併願校の選び方

目標に向かって・・・

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
雙葉祭に行った時に衝撃を受けたのがきっかけで、雙葉は私の志望校になりました。  
6年の後期からは雙葉日特に入り、雙葉の為の勉強を本格的にスタートさせました。
雙葉日特の算数で「雙葉中への道」をもらいました。
私は「雙葉中への道」を、たくさん解きました。  
すると、算数が好きではなかった私でも、「雙葉の算数」が好きになりました。
また「雙葉中への道」をたくさん解いたことで、「自分はこの学校に向かって頑張ってきた」と、
自信にも繋がりました。

しかし本番、自信に満ち溢れていた算数で解けない問題がいくつかあり、意気消沈。
正直、この悔しさは次の教科にも響いていたはずです。
受験後の帰りの電車、もう落ちているだろう・・・と思っていました。

2月2日、私が別の学校を受験している間に母が合格発表を見に行ってくれました。
受験が終わって学校を出る時、母が「4月から雙葉生だよ」と私の耳元でささやきました。
あの時の喜びは忘れられません。

「雙葉への道」を解いておいて本当によかったです。
もちろん算数だけやるのではなく、他の教科もしっかりと勉強を頑張ってください!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop