コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
習い事と日能研の両立
どのようにやっているの?家庭学習
期間講習活用術!
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中

第一志望合格への道

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、5年生から日能研に入りました。
4年生の時は、ピアノとバレエで曜日が合わず、自宅学習をしていました。
4年生の夏には夏期講習を受講し、初めて受けた塾の授業をとても楽しく感じました。
だから、5年生からの入塾も「ついに塾に通えるんだ!」と楽しみにしていました。

5年生の時はカリテに合わせて勉強を進めていました。
6年生になると、範囲も広くなり、覚えることも多く、勉強量も増えとても大変でした。
私は6年生の間もバレエを続けていたので、夏には発表会もあり、効率良く時間を使うことが課題でした。
夏期講習では難問クラスに入ることができましたが、算数が苦手だったので、問題を解くのに苦労し、算数に時間を使いました。
夏期テキストの共通問題は、受験直前まで、何度もくり返しました。

秋は学校行事も多く、家での勉強時間が減り、模試も思うように点が取れないこともありました。
しかし、第一志望に入りたい、努力は必ず報われる、という思いで勉強に励みました。

過去問を本格的に始めたのは12月。第一志望校の問題は10年分解きました。
1月に入ってからは健康管理に力を入れ、生ものなどは食べないようにし、また、夜型から朝型の生活にしていきました。

私の第一志望の慶應義塾湘南藤沢中等部は、1次試験、2次試験と別日に行われ、長い受験になりましたが、合格できて本当に良かったです。
最後まで熱い激励の言葉をかけてくださった先生方、ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop