コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
入試直前、今できる事
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

不合格から得た成功

  • 年度:2018
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、6年生の4月にやっとM2に上がった。その時からまた成績が落ち始めていて、不調だった。でも、あきらめずに取り組んだ。そしたら、後期に少し成績が上がった。
しかし、私が受けたかった学校は、すべて同じくらいのレベルだった。だから少し不安を持っていた。

2/1の朝、日特の先生などに励ましてもらったので、自信がついたと思った。でも、試験会場に着いたら不安に包まれた。それを立て直そうと思っても無理だった。そのまま試験が始まり、落ち着かなかった。国語が終わった。私は「算数が得意だから」と思って始めた。でも上手くいかなかった。そのうちに焦って社会と理科まで終わった。面接は、練習したことを使って頑張った。それで試験は終わった。午後は普段通りにできた。だから合格できた。でも、午前の学校は、不合格だった。悔しかった。

日能研に電話がつながらないから、結果と勉強のために日能研に行った。先生と話して、その後勉強した。そして、気持ちを切り替えた。
2/3は2/1の反省を生かして頑張った。面接も終わり、父に会った。父が言ったことは、「2/2に受けた学校が合格したから、学校まで行くぞ」だった。
信じられないくらい嬉しかった。そして2/3に受けた学校も受かっていた。とても嬉しかった。
世界が変わったような気がした。私は2/1の学校には落ちたけれど、それで日能研に行って気持ちを変えられたことで成功した。
不合格にならなければこんなことにならなかったから、諦めなければいいんだと実感することができた。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop