コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

信頼できる先生との出会い

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
娘が日能研に通い始めたのは、新5年生の2月からです。遅めのスタートでした。
我が家では、6年前に長女がお世話になっていたので、同じく新4年生の2月から通塾させたかったのですが・・・。
入塾にあたっては、特別に説明をしてくださり、その際に娘のことをいろいろとお話させていただきました。
入塾してからは、クラス担当となった先生が、娘のことをよく分かってくださり、親として(娘に内緒にして欲しいことなど)本当に助かりました。

娘も先生の宿題、テストの見直しの際の励ましの言葉(一言コメント)を楽しみに頑張っていました。
最初の頃は、早く上のクラスへ上がりたい!と言っていた娘ですが、クラス担当、そして算数の先生が変わるのは嫌ということで、最後までこのクラス、先生のもとで頑張ると言っていました。

受験日が近づき、自信をなくしかけたときも、「先生が大丈夫!って言ってたよ」と私が声をかけると、「先生が言ってくれてるなら・・・」と娘、そして親の私も信頼できる先生と出会えたことをとても感謝しています。

娘、そして先生を信じて頑張ったおかげで、娘のいたクラスから合格したのはキセキ?と言われるようなチャレンジした学校に合格することができました。
本当にありがとうございました。
この学校の入学を決めたのも、先生の「Tさんなら大丈夫」の一言があったからだと思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop