コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
過去問への取り組み
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

我が家の受験

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
「受験したい」
娘が初めてそう口にしたのは4年生の時。
どんな学校があるのかもわからなかった私たち夫婦にとって、戸惑い以上の何物でもありませんでした。

決意の固い娘を連れて、その年は片っ端から中学校の文化祭へ。
その中で、一番憧れを強く持ったのが、今回ご縁をいただいた学校。
飽きっぽい娘でしたが、最後まで、第一志望が変わることはありませんでした。

その間、何度喧嘩をしたことでしょう。
そして何度「受験やめたら」と投げかけたでしょうか。
時にはキツイことも言いました。
それでも、ぶれることなく気持ちを保った娘を、私たちは誇りに思っています。
志望校への思いは、受験が近づくにつれ、さらに強いものへとなっていきました。
しかし、思いだけが高まり、なかなか成績が付いていかなかったのです。

季節も秋になり、過去問に取り組み始めたころ、苦手な算数がどうにも解けなく・・・。
それでもめげずに努力し続けたのは、「第一志望の学校に行きたい」という想いの強さでした。

結局、偏差値も過去問も届かないまま、年内に第一志望者を対象にした入試本番を迎えましたが、さすがに叶うはずもなく・・・。
しかし、それが娘にとっての起爆剤となったのは、言うまでもありません。

受験生をお持ちのご家庭でしたら、多くがそうなのかもしれませんが、年末はクリスマスにお正月、その間に誕生日が挟むなど、楽しいイベントが目白押し。
そうした誘惑に脇目も振らず、小さな体で頑張っている姿に、
「なんとかして合格を味わわせてあげたい、志望校への切符をプレゼントしてあげたい」
そう何度も強く思ったものです。

冬期講習が始まった頃、ようやく第二・三志望校の過去問が、合格最低点を越えだし、光りが見えてきました。
今思えば、この頃から娘は、勉強だけでなく、一人の人間として、ぐんぐんと成長していったように思います。

年が明け、まずは埼玉入試。
どうしても合格をいただき、弾みを付けたいと考えた併願作戦が功を奏し、「合格」という言葉が、娘にも私たちにもどれだけ心強いものとなったことでしょう。

それからほどなく、いよいよ千葉3連戦。
初日は第二志望校。
試験後の晴れやかな娘の顔は、この受験の中でも、一番深く心に残っています。
「やりきった、楽しかった」と言って、会場を出てきたのです。

前日の自信を受け、翌日2日目は、第三志望校。
この日は随分とリラックスしていたのではないでしょうか。
娘が戦っている頃、私たち夫婦は前日の発表を見に行きました。
掲示板に娘の番号を見つけたときは、うれしさ、というよりは安堵感。
「これで、第一志望校は落ち着いて受けられる」そんな思いが強かったように思います。

そしていよいよ3日目、第一志望校。
緊張知らずの娘は、前日の合格を安心に変え、この日もリラックス。
むしろ「楽しみ」というから驚きです。

毎度毎度塾の先生方が作る花道には、目頭が熱くなります。
前日も遅くまで仕事をされていたことでしょう。
そんなことを微塵も感じさせず、一生懸命激励し、子どもたち一人ひとりと熱い握手を交わし、送り出してくれるのです。

肝心の試験は、というと、この日も「やりきった」とスッキリとした顔で出てきました。
算数が苦手、理科は出来る時と出来ない時の波が激しい娘にとって、過去問では一度も納得できる点数を取れたことがありませんでした。
しかし、運が良かったのです。
「苦手な分野が一つも出なかった」
「いつも解けないような問題が、今日は解けた」
というではないですか。

翌日の発表は期待半分、ダメならなんと励まそうか。
そんな思いで会場に足を運びました。
10時の発表と同時に門をくぐり、掲示板の前へ。
そこに、娘の番号を見つけることができました。

ふり返れば、葛藤の多い受験でした。
共働きの私たちにとって、決して手厚いケアをしてあげることも、勉強をしっかりと見てあげることもできず、さらに、受験をさせること自体、正しいことなのか・・・。
そんなことばかりを考えていたように思います。

ただ、思えば、ひたすら子どもは前だけを見ていた、ということ。
そのひたむきさが、納得のいく結果に繋がったのだと思っています。

今でも結局受験が娘にとって良かったのか、それはわかりません。
しかし、同じ志を持った仲間と一緒に学び、喜びや悲しみを分かち合い、そしてそれをいつも温かく見守ってくださった日能研のスタッフの方たちと一緒に学んでこられたこと。
この時間こそが、娘にとっても私たちにとっても財産となりました。

「子どもたちは受験の間に成長する」
「成績は前日も当日も伸びる」

そんなことを熱く語ってくださったスタッフの方たち。
本当に、ここに通わせてよかったと心から思っています。
そして、受験を通して、何倍も大きく成長した娘の姿を誇りに思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop