コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
過去問への取り組み
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー

逆境を乗り越えて

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
2月1日の受験を終え、2日目、第二希望の学校の受験があり、私は子どもの付き添いで一緒に行き、
夫は1日の合格発表を見に行きました。
ドキドキしながら電話を待ちました。
結果は不合格。
チャレンジ校だったので仕方ないと思い、第二希望でしっかり合格できればよいと思っていました。

2日目の受験を終え、本人もきちんと解答できたと言っていたので、あとは結果がついてくると信じていました。
その日の夜、2日めの合格発表はインターネットでの発表だったので、家族でドキドキしながら結果を見ました。
自分の番号の近くになったら一個ずつスクロールしていき・・・、番号がありませんでした。
その瞬間、私達はどん底へ落とされました。
全力を尽くした結果不合格。本人はしばらく泣き崩れていました。
日能研へ報告の電話をして悲しんでいました。まさに崖っぷちです。

第二希望は実力を出せば合格できると思っていたぶん、ショックはかなり大きかったです。
悲しんでもいられません。
「なんとか東京の学校に合格して行きたい!」という気持ちがあり、次の受験の対策を塾の先生に相談しながら受験校を決めました。
たくさん悩んだ結果、より確実に合格を取れる学校を選択し、3日目は受験する学校の過去問を一生懸命解きました。

4日目、第三希望の受験が終わった後、本人は集中して書くことができ、手応えがあったと言いながら退出してきました。

5日目、最後の受験。
私は付き添いで、夫が合格発表を見にいき、泣きながら「番号あった! よかった!」と電話してきました。
私も「合格」を聞き、ほっと胸をなでおろしました。

子どもが逆境を乗り越えて、最後に合格が取れて本当によかったと思います。
どんな状況においても最後まで諦めず、粘り強く自分を信じて頑張る事が大事だと実感しました。
この一週間は、人生において貴重な一週間となりました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop