コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中

後輩の皆さんへ

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、1月受験を3回したのですが、そのうち2回は同じ学校でした。
しかし、同じ学校に2回とも不合格でした。別の一校は合格し、自信になりました。
私はここからエンジンがかかります。
1月10日・23日に受け、2月1日まで1か月もありませんでした。
外出を避け、TV・ゲームはもちろんのこと、大好きな読書もやめ、勉強しました。
「学ばねば。」と。

もともと、1つのことにずっと向き合い続けることが苦手でした。
だから、受験を終えた今では「頑張ったなぁ」と思います。
私は最後の2、3週間ですごく伸びました。
苦手だった算数は31日まで質問をしましたし、とにかく勉強だけをしていました。

結果、1日校は午前・午後、2日校の午前もすべて合格で、2月3日には小学校へ行きました。
これらを通じて言いたいのは「努力の積み重ねこそ、最大の自信」ということです。
最後でググッと実力がつくというのは、今までのことあってこそです。
日々のふり返り、授業で得たもの、それらがあってこそです。

6年生の皆さん。
この1年がつらいかもしれません。
でも、受験と向きあうことで合格できると思います。

4・5年生の皆さん。
6年生でも入試でも、すべてに通ずるものがあります。それを学んでいるのです。
私も入試を受け、4・5年生の知識って大切だなと思いました。

気を抜かずに、がんばってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop