コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
過去問への取り組み
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった

ファンファーレはぼくらのために。夢で終わらんよ。

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
日能研には、三年生の予科からお世話になりました。

日能研の勉強のペースが子どもに合っていたようで、無理なく成績を伸ばしていたと思います。
六年生の秋頃は、過去問でなかなか合格最低点が取れず、ぐんぐん成績を伸ばしていく周りについていけなくなって、苦しい時もありました。

理科の先生に、「他塾のオープンテストで理科だけ成績がよろしくなかった」と手紙を出したり、算数の先生に過去問が思うようにできないと、何度も相談させていただいたりしました。
先生方がいつも身近にいて、些細なことも相談できる環境は、日能研の良いところではないでしょうか。

一番大変だった時期も、子どもは先生方に励ましていただいて、笑顔で頑張ることができました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

入試本番では、過去問であまり見られなかった問題が出たことが何度もあったようです。
基本的な学力をきちんと身につけているかどうかが重要視されていました。
本科の授業で養った力が合格につながったと思います。

結局、入試は受験したすべての学校から合格をいただき、2月2日の朝、早々に終わりました。
家族全員が、日能研のスケジュールに合わせ、一致団結して受験勉強に取り組んだ経験は、楽しかった思い出として私達の中に残ると思います。

これから日能研で勉強される後輩の方々には、授業のペースがのんびりなことや、過去問に取りかかる時期が他の塾より遅いことなど心配事があると思います。でも、大丈夫です !!本科の授業は必ず役に立ちます。

ちょっとハラハラするくらいギリギリだけど、ちゃんと入試本番までに間に合います。
日能研の先生方を信頼して頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop