コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中

感謝とあきらめない心

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、ハッキリ言って日能研に入った時、志望校からは程遠い偏差値でした。
目指している学校に合格すること自体がおかしいのではないかと思うぐらいで、受験をあきらめたほうがいいのではないかと思いました。でも、私は、あきらめませんでした。

過ごしてきた日々を思い出してみると、5年生のころは受験ということを自分のものとしてらえていなかったことが原因であまり努力していなかったなと思いました。
でも、6年生になって受験が自分に近く感じ始めた時から、だんだん努力し始めて、成績が伸び、努力をすることの大切さを学び、本番を迎えました。

2月1日、2月2日と受けていく中で第一志望だけが受からない・・・。
そんな気持ちの中、最後に迎えた日、最後まであきらめず解き進めていく。
そして結果発表。
いい結果は、出ませんでしたが、あきらめず進んだことで達成感を感じました。
第二志望の学校に行くことになりました。

第一志望に行くことができませんでしたが、最後まであきらめず進んで行けたことがこの受験での、一番の収穫でした。
この受験から学べたことは、たくさんの人に感謝して、あきらめないことでした。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop