コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
どのようにやっているの?家庭学習
志望校・併願校の選び方
家族の支え・フォロー

二刀流!! ~都立中高一貫と私立の併願~

  • 年度:2019
  • 性別:男子
  • 執筆者:
我が家の受験生は、都立と私立を併願しました。日能研の先生方のサポートもあり、お蔭様で第一志望であった都立と、私立複数校に合格(結果的に全勝)することができました。

意外だったのは、都立と私立を併願する受験生が思ったよりも少なかったことです。そのため参考となる情報があまりなく、親としても手探りで子どもを支える日々でした。そのような体験から、同じ状況で頑張っている方々の参考になればと思い投稿いたします。

子どもは、学園祭や学校見学で見た都立の中高一貫校が気に入り、是非とも入学したいと本格的に受験勉強を始めました。こうして都立を第一志望にすることは決まったのですが、中高一貫校に進学したい子どもとしては、やはり一校しか受験できないのはリスクです(都立中高一貫校の試験は全て同じ日に行われます)。
またNフレンズに参加したときに、御三家に合格していても都立に不合格になった子の話を聞き、その難易度に驚きました。それらの理由から、私立の志望校も設定して都立と私立の両方の受験勉強を進めることにしました。メジャーリーグで活躍している大谷選手ではありませんが、「二刀流」の生活の始まりです。

「二刀流」で一番苦労したことは、やはり勉強時間が一気に増えることです。最初は、難易度が高い私立対策をしていれば都立にも対応できるだろうと高をくくっていましたが、都立と私立ではあまりにも傾向が違うことが徐々にわかってきました。結局別々の対策を余儀なくされ、模試も通常の模試とは別に公立中高一貫校対策模試を追加で受けました。

日能研で選択する日特のコースも悩みました。都立と私立の両方を受講することはできないからです。そこで先生方とも相談して、我が家では6年生の夏までは都立対策、それ以降は私立対策という選択をしました。

普段の塾の授業は基本的に私立対策なので、都立対策は家庭学習が中心になりました。某大手通信添削を利用したり、幅広いテーマにアンテナを張る意味で、朝日小学生新聞を毎日読んだりしました。天声人語の要約をやった時期もあり、これは非常に役に立ったと思います。
入試直前期には、日能研の国語の先生が、子どもの作文を丁寧に添削し、何度も書き直しに付き合ってくださったことで大変力がつきました。

以上のような苦労はありましたが、結果として「二刀流」を貫いたことは子どもにとって大きな収穫だったと思います。
私立対策では、難易度の高い問題を深い知識をもって迅速に回答することが求められます。一方、都立対策では、作文力や論理的思考力が求められます。また都立では、内申も関係してくるため、学校の勉強や活動も全力でやる必要があります。
こうして幅広い学習形態を行き来することで、総合的な学力が身についたと感じています。それは社会人になっても役に立つ重要な基礎学力です。それこそが中学受験を経験する大きな意義ではないでしょうか。

都立と私立を併願される方は、対策を講じなければならない内容が多く大変だと思いますが、将来、さまざまな意味で役立つ力が身に付くことを信じて、頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop