コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
私・子どもを変えたきっかけ

絶対受かるという気持ちが合格へ

  • 年度:2018
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は、4年生の頃までは第一志望が決まっていなかった。
4年生の時は、日能研全国公開模試で思うように結果が出せなかった。
ものすごくよかった時もあれば、ものすごく悪かった時もあった。
得意な算数でもよかった時もあったが、悪かった時もあった。かなり結果が不安定だった。
しかし、授業中や新しい友達と話すことがとても楽しかった。そして、5年生になった。
5年生の時、母が先生と話した時に麻布中学校はどうかと言われたらしく、その中学校の文化祭を見に行った。すると、とても楽しそうで少し行きたくなってきた。そして、説明会にも行ってみた。そして、その中学校の先生の「”自由”な学校」という言葉に魅かれた。だから、ぼくはその麻布中学校が第一志望校となった。5年生の日能研全国公開模試では、少し結果が安定してきた。とても悪かった時も何回かあった。でも、得意な算数で他の科目をカバーすることができた。
そして、とうとう6年生になった。日能研全国公開模試も合格判定テストとなり、入試も近づいてきて、緊張が高まった。前期の間はそれほどでもなかったが、夏期講習が始まってからは、やることも増えてきて、入試のこともよく考えるようになった。メモチェ(社会・理科)や過去問(後期から)、志望校別の日特(後期から)などが増えた。過去問では、国語や社会は、第一志望校しかやらなかった。やり直しも大変だった。
でも、諦めずに最後まで4教科をやり切ることができた。日特では、その学校の過去問などを演習でやった。ファイナルでは、テストのように予想問題を解いた。復習もしっかり頑張った。
僕はこのように最後まで諦めないで頑張り、第一志望に絶対受かりたいという気持ちがあったから、合格を掴むことができたと思う。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop