コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
期間講習活用術!
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

日能研での3年間!

  • 年度:2019
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
日能研での3年間、私はとっても幸せでした。
4年生で入塾し、ほとんど知り合いがいない状態で始まった日能研ライフ。
けれども4年生の夏休みごろにはクラスメイトと仲良くなり、馴染めるようになりました。

5年生になるとさらに仲間が増えました。
休み時間には勉強を教えあったり、一緒に解いたり、先生に聞いたりしました。
いつも一緒にやっていたからか成績も同じくらい。
授業の時も速さや正答率を競いました。

6年生になり、私たちもスイッチが入りました。
お互いの志望校は違いましたが、一緒に最後まで頑張りました。

夏期講習。
朝から夕方まで、塾で勉強。
まるで学校のようで、たくさん勉強しましたが、今思い返してみればとても楽しかった1カ月でした。

9月。日特が始まりました。
私も友達も難関校日特で、そこでは友達もいませんでしたが頑張りました。
そして迎えた冬期講習。大晦日にもらった手ぬぐい。
最初に家族から応援メッセージをもらいます。
年明け、クラスのみんなとメッセージを書きあいました。

壮行会では、みんな涙をこらえながら先生たちの話を聞き、熱く握手を交わしました。
帰りはクラスの女子全員で帰り、駅に貼ってあった「頑張れ中学受験生」のポスターの前で、記念撮影をしました。

1日の第一志望校の合格を知らせに2日、日能研に行くと、なんと友達も合格!!
抱き合って喜びました。

私は3年間の日能研ライフで、良い友達に恵まれとても幸せで楽しかったです。

最後になりますが、ずっと私を支えてくれた家族、日能研の先生方、ありがとうございました!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop