コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
期間講習活用術!
家族の支え・フォロー

合格、そして感謝の気持ち

  • 年度:2018
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は4年生の4月から日能研に通っていましたが、6年の夏休みから受験までを書きたいと思います。
Nフレンズ後、初の桜蔭日特の教室へ行き、ガイダンスを受けました。そこで他の桜蔭日特に来ていた人に圧倒され、帰ってからガイダンスの内容を話すのが嫌になってしまいました。その時、父から「桜蔭を受けるんでしょ?」と一喝され、そこで桜蔭に対する意識も変わったと思います。
夏休みは、途中からほぼ毎日自習室 → 授業でした。まずまずだと思っていましたが、夏休み後の日能研全国公開模試は平均を下回る偏差値でした。
その後、2回の日能研全国公開模試も低迷でしたが、3回目でやっと最高偏差が出ました。
私は親に「~しなさい」「~やりなさい」と言われるのが嫌だったので、自分で決めており、口出しはまったくと言っていいほどされませんでしたが、私の知らないところで本当にいろいろ考えてくれていました(と思います)。
そして2/1。入試応援には、桜蔭日特の先生の他に普段の校舎の先生も来て激励をしてくださって、とても心の支えになり、無事終えることができました。
2/2は、午前中に受験をし、昼食後に桜蔭の結果を見に行きました。私の場合ですが、2/1の受験より合格発表の方が緊張しました。30分ほど待ってから結果を見ると、なんと合格!私ももちろん嬉しかったですが、両親は私以上に喜んで涙を流してくれたので、私なんかよりずっと心配し、考え、悩んでくれていたんだなと思います。
本当に私のことを考えてくれている家族、いつでも丁寧にアドバイスをしてくれた先生や一緒に切磋琢磨してくれた友達などへ感謝を忘れずに、
これまで学んできたことを糧にして、精進していきたいと思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop