コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
志望校・併願校の選び方
家族の支え・フォロー

笑う門には福来たる

  • 年度:2019
  • 性別:男子
  • 執筆者:
3年生の時「塾に通いたい」と突然言い出した息子。
中学受験経験者として「この子が受験?」と心配だったのですが、入塾テストで良い成績を取り意気揚々と日能研に入っていきました。
しかし、4年の時は学習サイクルを作るのにも一苦労。こなされない栄冠への道、テストも・・・でしたが、先は長いので手出しはあまりせずにいたらクラス落ちしてしまいました。

5年になり学校の友達が入塾してくると通うこと自体は楽しくなったものの、相変わらずのんびり。
6年になっても一向にエンジンがかからなかった息子に転機が訪れたのは、4月の難関校日特説明会。
今年から出来た足切りラインに届いていない。第一志望の早稲田中学校にこのままでは受からないかもしれない。
この事実で息子は「受験生」になりました。
自発的に朝から勉強するようになり、難関校日特の切符をつかみとり、クラスも上に戻しました。
秋口、せっかく上がった偏差値ががくっと下がったのですが、シミュレーターが悪くなかったので、ユリウスを追加して早稲田対策を強化。過去問との相性も良かったので第一回、第二回、合計8年分解きました。

早稲田に集中して臨んだ2月1日。
前日夜からなかなか寝つけず、得意の算数でパニックに。なんとかリカバリしたものの掲示板に番号はありませんでした。
それでも前を向いて悔いなく力を出し切った第二回。また掲示板で見つけることはできませんでした。
なぐさめられたくない息子。
家族が出来ることはないのか。
いつも通りくだらない話をしたら息子が笑い出しました。「ありがとう。笑うと立ち直れる気がする。」
こうして、また前を向き5日まで試験に挑んでいきました。

4日のサレジオ学院中学校に合格をいただき、進学することにしたのですが、実は当日までは第三希望で過去問もほとんど解いていませんでした。
3年間で培った実力でつかみとった合格。
息子も会場で学校を気に入り最終的に第二志望校へ昇格。実は一番息子にあった学校だと思います。
息子は「ずっと早稲田に行きたいと思っていたけれど、僕が欲しかったのは努力した合格をつかみとることかもしれない。」
あんなに泣いていたのに、もう前を向いて大学受験を考えています。

三年間よく頑張りました。息子を誇りに思います。合格証を持って校門の前で本当に良い笑顔でした。
これからの6年にも幸あれ。
息子の成長を後押しして下さった日能研の先生、スタッフの方、ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop