コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
日特、オプション講座を受講して
先取りシミュレーション!入試期間中

必ず道はひらけます!

  • 年度:2019
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、4年生で日能研に入塾しました。
長くて辛かった受験生活を想像することもせず、「友達がいるから」という理由からで、その時は志望校を考えずに塾を楽しんでいました。

そんな私が志望校を決めたのは、4年生の秋です。(文化祭があったので)
生徒さんの雰囲気が良かった渋谷教育学園渋谷中学校を第一志望にしました。そのころ、塾では私がいつも4科目一番で、余裕がありました。

が、、、、、5年生になって頭の良い子が入ってきて、冬には5位まで下がりました。
これを知った親は、私に猛勉強させました。

6年生となった2月。
私は勉強に疲れ、母に塾をやめたいと言いました。母は塾に電話をかけ、私を引き留めようとしてくれました。これからが本当の受験生活の始まりです。(塾にはもどりました)

私は自分の意思でたくさん勉強しましたが、偏差値は上がりません。
そこで母は私に、「雙葉中学校はどう?」と言いました。
それから、私の心は、渋渋から雙葉にうつっていきました。

雙葉日特も始まり、私は文化祭に行きました。印象はとても良く、ますます行きたくなりました。

そして迎えた、1月入試、栄東中学校。
手ごたえはあまりありませんでしたが、何とか東大クラス合格。

2月1日、雙葉。
私はとてつもなく緊張していました。しかし、受験会場では、手ぬぐいなどを見てリラックスしました。

2月2日、大妻中学。
私が試験を受けている間、雙葉の合否がわかるので、その点で緊張していました。
試験が終わり、母と合流すると、母は「合格!」と言ってくれました。私は感動し、うれしくて1時間くらい口が閉じませんでした。(笑)

2月3日、お茶の水女子大学附属中学校。
御三家合格者たちの厳しい戦いで、落ちてしまいました。
初めての不合格。絶望しました。しかし、雙葉は受かったと、気持ちを持ち直しました。

ここで後輩たちに伝えたいことがあります。
それは、「最後まであきらめない」ということ。

これは、あなたの校舎の先生もおっしゃっていることと思います。でも、これは本当に大事なことです。
無理だと思っても、必死に勉強したら、絶対に合格します。(私の保証つきです)
だから、最後まであきらめないでください。
受験が終わったら、最高に楽しい日々が待っています。

応援しています!頑張ってください!必ず道はひらけます!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop