コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
学校説明会・文化祭を活用しよう
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
過去問への取り組み
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

合格へつながる不合格

  • 年度:2019
  • 性別:女子
  • 執筆者:
我が家は当初、家から近く設備の充実した浦和明の星女子中学校への入学を希望して入塾しました。
するとすぐに、明の星は御三家を狙う子の併願校となっており、第一志望とするのは戦略的に難しいことを知りました。
さてどうしたものかと思いつつ6年生になり、日特は女子学院中学校とする方向性を固めました。
娘の偏差値がJGのR3~4の間と、第一志望とするのに丁度良く、且つ校風が活発な娘に合っていたためです。比較的癖のない試験問題であるJG対策をすれば、明の星を落とすこともないだろうという思惑もありました。
娘はJG日特が始まると、先輩のお話などからJGへの憧れが強まり、絶対行きたいと言うようになりました。親としては、JG目指して合格すれば嬉しいけれど狭き門なので、JGが残念で明の星に入学、が実際のところかなとイメージしていました。6年生の模試での合格判定では明の星はずっと合格判定がでていたのでまず大丈夫だろうと、正直親も子も思っていました。

いよいよ受験が開始しました。
我が家の1月の日程は10日栄東A、12日栄東東大I、14日明の星。2月は1日JG,2日豊島岡女子中学校。栄東中学校は対策する時間がなく、私の脳内プランは栄東A〇、栄東東大I×(これで2月難関校に向けて気を引き締める)、明の星〇(進学先の本命)でした。
私も仕事を持っているため休暇取得に限界があり、最低限の出願としました。
結果、栄東A東大スライド合格、更に予想外に栄東東大Iで合格をいただきました。得点開示を見ると、国語で点を稼ぎ社会の不出来をカバーする娘の勝ちパターンにうまくはまっていたようです。
嬉しいものの、私は「1月全勝だと2月までの2週間、気合が入らないのでは」と喜ぶ娘を見て少し不安になりました。ところが心配ご無用、受験はそんな甘いものではありませんでした。
R4に届いており、まず〇と思っていた明の星は不合格となったのです。
JG出願会場で明の星WEBサイトで不合格を確認し、「ああ、明の星はこれが怖いと聞いていた通りだ」と思いました。未だケアレスミスの多い娘には高得点争いとなる明の星は不向きだったことと、東大I合格の気の緩みが敗因だと思いました。
小学校から帰宅した娘に告げると、ソファーに座って膠着したまま動かなくなりました。そのうちポロポロ涙がでてきて、可哀そうでした。「ケーキあるよ、食べる?」と食いしん坊の娘を励まそうとしたものの微動だにせず。ただ、30分経過して塾の時間になるとパッとNバッグを背負って無言のまま家をでました。
その姿に、強いな、もう親の出番は少ないなと感じました。

塾で気分転換できたのか、少し元気になり帰宅した娘に「栄東の特待合格があるのだから、明の星の×は気にする必要はない。こだわるなら、2月に再挑戦だって可能だ。
ここから2週間、社会の追い込みと豊島岡対策をしっかりしよう。受験が終われば、明の星の不合格のおかげで今がある、と絶対に笑い話になる」と伝えました。
娘も納得したようで、ここからの2週間は、確かに目の色が変わりました。寸暇を惜しんで机に向かっていました。小学校が1月最終週に学級閉鎖になったのも幸運でした。
私も、この必死な娘の姿が見られたのなら、たとえここからの受験が全滅となっても悔いはないと思いました。

1日、JG試験終了。「算数の傾向が変わったと思う。国語は日能研の試験で同じ文章を解いたことがあるから見直しも余裕でできた」とのこと。
終わったことは忘れて、翌日の豊島岡に向けて早く寝ることにしました。
2日、娘を豊島岡に送り試験開始時刻まで待機した後、11時のJG合格発表まで時間があるので、東郷神社に寄りました。神頼みというよりも、「国の命運がかかった勝負でもないのだから、この合格不合格、どちらでも大丈夫。今までの娘の努力は血肉となっているのだから、どの学校でもそこで前向きに過ごせば、娘の人生は何も変わらない」と覚悟を決めるためでした(今思うと、JGはキリスト教の学校なのに神社とは、変な動きをしてしまいました・・)。

参拝後、いざ半蔵門へ。10時半まで近くの喫茶店で過ごし、学校へ向かいました。
列に並んでいる間は、「番号がなかったときは豊島岡のサイトにログインして、明日の試験の支払いをすることを忘れずに」、と自分に言い聞かせていました。節約作戦で、3日の豊島岡2回目の受験料はJGの発表を見るまで後回しとしていたのです。JG発表から豊島岡出願締め切りまで1時間と、綱渡りです。
11時になり列が動き出し、掲示板の前へ・・。娘の番号は中間あたりでしたが、怖くて見られず、一桁の受験番号のところをなんとなく眺めてから、目線を中央へ動かし・・娘の番号を見つけました。自分の目だけでは信じられず、周囲に倣ってスマホで写真を撮ろうとするも、手が震えます。なんとか撮って、合格手続きの列に並びました。夫に電話をして、合格した、入学金を振り込むと伝えると、「一応本人の意思を再確認したほうがいい。栄東特待を捨てて本当にいいのか」とのこと。
それもそうかと、池袋に向かい試験を終えた娘に合流しました。
娘は「豊島岡、一番試験問題が普通だったかも・・たぶんできた・・」と暗い顔で話します。
私は「ちょっと銀行に寄るからついてきて」と近くの銀行に入り、静かなその場所で「おめでとう」と合格書類の封筒を渡しました。飛び上がるほど喜んでいる娘に、「どうする、JGに決めていい?」と聞くと「もちろん!!絶対行きたい!」との返事なので、娘の前で入学金を振り込みました。
帰宅しつつ、娘に「では、豊島岡の結果がどちらでも、今日受験終了でいいかな」と確認すると、「明の星をリベンジしたい。4日受けさせて」と言います。まだ出願していないので、え、受験料もったいない!と思ったものの、納得して中学受験を終えるには必要な出費なのか・・と複雑な気持ちになりました。
でも、だんだん合格の喜びを実感していく娘。当たり前ですが完全に気が緩んだ表情・・。
これで4日まで頑張れるのかしら、ともやもやしつつ、あっという間に19時の豊島岡ネット合格発表。
こちらも合格をいただいたのを確認すると、娘は「やった、JGと豊島岡と栄東東大Iの短冊を飾ってもらえる!もう充分、ごめん、やっぱり明の星はいいや!」と方向転換。正直、私には出願に行く気力がなかったので、やめてくれてほっとしました。4年生から何度も説明会に通った学校の合格を頂けなかったことに未練ゼロといえば嘘になりますが、JG合格は明の星の不合格があってこそ。これが運命というものかな、と思います。受験させていただいた4校すべてに心から感謝しています。

最後になりましたが、受験の最後の最後まで過去問を見てくださった教科の先生、
朝早くから寒い中、受験前の激励をしてくださった先生方、
ことあるごとにメールしてくる面倒な母親に、丁寧に対応してくださった室長、
皆さま本当にお世話になり、ありがとうございました。
集団塾とは思えないきめ細かい対応に、ここまでしてくださるのかと感動しました。
日能研を信じて、最後までついていき大正解でした。
受験は個人戦のようですが、娘にとってはクラスの仲間とともに戦う団体戦だったようで、みんながいるから頑張れた面もあったと思います。いい塾に入り、お友だちと先生に恵まれ、貴重な体験をさせていただきました。
日能研のますますのご健勝を、心よりお祈り申し上げます。

今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop