コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー

後輩のみなさんへ

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は、6年生から日能研に通い始めました。
偏差値は当時53で、第一志望校のR4には7も差があり、受かるかどうか心配でした。
しかし、無事2月2日の入試に受かることができました。それも、家族や先生の応援のおかげだと思います。

ここで、受験生の皆さんへ、入試勉強のコツを何個か教えたいと思います。

(1)勉強は朝にやるとスッキリする。
僕は、5月の日能研全国公開模試で偏差値が49に下がってしまいました。
その時、お母さんと計画を立て、夜は復習を少しやり、早く寝て、次の日の朝早く起きて、塾で出た宿題をたくさんやると、頭に入りやすくなり、暗記のものなどをしやすくなります。
しかし、これは個人の感想なので、他のやり方をされている人は、あくまでも参考としてください。

(2)部屋に自分が忘れられない言葉を書いて貼る。
(1)でも話したように、お母さんと話し合った時に、僕の場合は、必ず勝つの意味の「必勝」と、必ず笑うの意味の「必笑」という熟語を書いて貼りました。
結果、次の日能研全国公開模試では、偏差値が55になり、その次では60になることができました。
その後の3回は、すべて60台を出していけました。
このことから、僕は、(1)と(2)をしたことで、最大11も差のあった学校に受かることができました。
そして、受験前は、必ず深呼吸をしてから臨んでください。
心を落ち着かせて頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop