コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

受験の神様がいた!?

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
平成28年2月2日夜、第一希望のM女学院の1次、2次、3次、4次のすべての受験を終えました。
「さあ明日は○○校の出願しなくちゃねえ。早く寝なさい」と、元気のない重たい声を娘にかけました。
そろそろ4次の発表時刻。それでも気持ちは明日の受験校に向いていました。

最後の発表は自分で確かめる!と娘。
見守るしかない親。
出願票に写真を貼ったとき、「受かったよ~」と娘が部屋に飛び込んできました。

3度落ちて、小さな心がどれほどの重圧に覆われていたのか、と想像するだけで胸が痛くなります。
振り返れば、今日まで親子は「受験号」という船で、はるか彼方の目的地を目指していたわけで、時には嵐があり、べたなぎの日もあり、目標を見失ったときもあり、船の中では諍いもあったりしました。

あまりに家で勉強しないので本人より親がイライラしたり、ぐずりながら、ふてくされて教室へ行った回数は数え切れないほど。
ただ一つ、2年間一度も揺るがなかったのことは「私立中学に行く」ことでした。

そして、2月1日を迎えました。本人は過去問をおさらいして、かなり自信があったようでした。
しかし、1次、2次とも不合格。帰りの電車ではかなりへこんでいたそうです。

それでも家内に引っ張られて教室へ。
先生の励ましと指導をいただいてリセット完了。
2日は3次も不合格。
4次の前に「死ぬ気で頑張る!」と言い残して試験会場に入ったそうです。

後日談「4次試験終わって、校門を出たとき、もうこの学校には来ないんだなあって思ったよ」と本人は言っていました。
でも、受験の神様か、学院のマリア様は娘の一途な思いをかなえてくれました。
元旦、我が家の初詣はM女学院でした。
「マリア様にしっかりお願いしたよ」「そうかあ、思いが伝わるといいねえ」
そうだ、君の思いとがんばりは届いたよ。

これから受験を目指すご家族へお伝えできること。

1.親子はヘトヘト、ボロボロになると覚悟しましょう。それでも、楽しむときは楽しく過ごす。
 (家内はストレスから髪の毛が減りました)
2.親の期待、希望を押し付けるよりも、本人の意思を尊重する。
 (導くのは親の役目、頑張るのは本人、役割分担しましょう)
3.希望する学校への行事はドンドン参加する。
 (毎回記帳するので学校へのアピールになります)
4.先生方のアドバイスを素直に受け止める。
 (親は初めての体験ですが、先生方は経験豊富なのです)
5.受験年の初詣は、第一希望の学校へお参りする。
 (先生からのお勧めです)
6.お父さんは黒子に徹する方がよいと思います。
 (一歩下がって見守りましょう)
7.受験当日は、笑顔で送り出してあげましょう。何があっても信じましょう。
 (親は最強のサポーターです)
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop