コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
過去問への取り組み
繰り上がり・補欠合格

努力は報われる。

  • 年度:2020
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私の第一志望校は4年生の時からずっと同じでした。
偏差値がだいぶ高く、過去問を解き始めたばかりのころは20点代は当たり前。
諦めかけたこともありましたが、過去問を20年分(10年分を2周。算数に関しては40年分。)解くことで
だんだん合格点を取れるようになってきました。

本番は、「自分のベストを尽くせば大丈夫」と強い気持ちでのぞみました。
テストの手応えはまあまあで、受かったかも(笑)と思いました。
しかし結果は不合格。
「"努力は報われる"なんて嘘だ~」と、泣きわめきました。

私はその後もズタボロのメンタルで併願校を受け続け、結局第四志望校に進学することになりました。
そして2月12日ーなんと第一志望校からくり上げの連絡がきたのです。
私は信じられず、合格証明書をもらった時初めて実感しました。
「努力は報われるのだ」と。
だから、志望校が自分の実力より難しかったとしても絶対に諦めないでください。
正しい努力を重ねれば、必ず良い結果が待っています。
努力は報われます。頑張ってください。

今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop