コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
先取りシミュレーション!入試期間中
繰り上がり・補欠合格
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ

最後は気持ち

  • 年度:2020
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私の第一志望校は、桜蔭中学校だった。
私は1月受験で失敗をし、その悔しさをバネに頑張って臨んだ。

2月1日、ほどよい緊張感の中自分の実力を出し切れたと思ったが、女子校のNo.1の学校に合格した気はしなかった。
2月2日、1日の手応えが気になり、受かると思っていた洗足学園に不合格。
洗足学園の試験が終わった後の桜蔭の合格発表では、なんと「補欠」。
次の日からどんな気持ちで臨めば良いのか、分からず日能研へ。
先生からは、桜蔭の「補欠」は無いものと考え、目の前の試験に集中するように言われた。
そして、1番心に残っている言葉は「最後は気持ち」という言葉だった。
そこから私は変わった。

3日には鴎友学園を受け、とりあえず合格を取ることを意識して臨んだ。
4日には豊島岡女子学園を受け、前日のことなど頭には入れずに目の前に集中し、試験後の鴎友の合格発表ではなんと合格。
続いて豊島岡女子学園も合格。

この受験で、私はとても成長したと思う。
今までは、一つの気持ちになると切り替え出来ずに引きずって失敗していたが、この経験で気持ちを自分でコントロールすることの大切さに気づけた。

これから受験をする日能研生は失敗をしても、気持ちを切り替えるように頑張って!!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop