コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
繰り上がり・補欠合格
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!

どん底からの一手

  • 年度:2019
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は4年生の2月から日能研に入塾しました。最初は一番下のクラスで成績も悪く、漢字テストではいつも居残り勉強をしていました。
しかし、5年生の夏が終わると少しずつ成績が上がっていきました。

そして、入試本番、1月の結果は緊張からかボロボロでした。
10日の午前に栄東A、午後に城北埼玉中学校の特待を受けました。結果は城北埼玉だけ受かり、心境は複雑でした。
そして栄東をリベンジしようと、Bも受けましたが、結果は残念。
また25日には第二志望の立教新座中学校を受けました。これは補欠でした。

1月のこの結果で気持ちを切り替えられずに2月1日の本郷中学校をむかえました。
やはり結果は不合格。2日の城北と開智日本橋学園中学校も焦り、頭が真っ白になってしまい、不合格。もう自分の心は限界に達していました。

しかし、日能研の先生が自信をつけさせるために3日以降の併願校を考えてくれました。すると3日から5日まではすべて合格することが出来ました。
また2月9日に立教新座から電話がきました。繰り上げ合格でした!
先生の併願校の戦略の見直しのお陰でつかめた勝利でした。

そしてこの受験から学べたのは、絶対に諦めないこと。
これさえ出来れば必ず悔いのない受験が出来ると思います。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop