コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
繰り上がり・補欠合格
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!

最後まで諦めない心

  • 年度:2019
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
あっという間に1月に入ってしまい、1月受験が始まりました。
第一志望校の横浜共立学園中学校と第二志望校の鎌倉女学院中学校に合わせて、早稲田佐賀中学校と佐久長聖中学校を受験しました。
早稲田佐賀は偏差値のわりにレベルが高く焦りましたが、無事にどちらの学校も合格を頂きました。
そこで自信がつき基本はやらず、応用をやるようにしました。

2月に入ってとうとう受験が始まりました。
横浜共立学園は理科の相性が悪くなかなか解けませんでした。
気持ちを切り替えて午後の神奈川学園中学校を受験しました。
神奈川学園は2科目でしたが得意の算数で得点を伸ばせ、夜に合格発表で無事に合格を確認できました。

2日に入って鎌倉女学院を受験しました。
こちらも理科が相性が悪く、てこずってしまいました。一度家に帰って気持ちを切り替えて横浜共立学園の合格発表を見に行きました。
やはり、理科が悪かったのでしょう、自分の番号はありませんでした。
夜に鎌倉女学院の合格発表もありましたが、自分の番号はありませんでした。

3日に入ってもう一度気持ちを切り替えて鎌倉女学院を受けました。
普段通っていたスタツフの方や先生が応援に来てくださり、お話をすることができました。
テストもよくできました。
しかし、自分の番号はありませんでした。

横浜共立学園の二次対策をするため、日能研へ行き対策を取りました。
でも、対策を取ることをしなかったこともあり、落ちてしまいました。

進学校をどこにするか迷っていたとき鎌倉女学院から電話がきました。
繰り上げ合格の通知がきました。

失敗もあり、大変な受験でしたが、3年間やってきて良かったと思います。
第一志望校には落ちてしまいましたが、悔いはなく4月から鎌倉女学院で頑張りたいと思います。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop