コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

受験を終えて思うこと

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
中学受験に必要なことは、子ども自身の「やる気」と「体力」に尽きると思います。

学力は日能研に通っていれば、それなりに身につきます(先生方の努力のおかげです)。
しかし、それを定着させ、自分のものとして蓄積させるのは本人の「やる気」次第なのです。
せっかく毎日のように日能研に通い、たくさんのことを学んだとしても、
日々抜けおちていくので、「やる気」を出していかないと本当に本人のものにはならないのでしょう。

それから、日能研に通い続ける「体力」も必要不可欠です。
6年生になると小学校での行事も多く、責任ある仕事を任されることが増えます。
そんな中での勉強との両立は、たくさんの体力を要すると思いました。
6年生の一年間を過ごしたことで、中学の通学への不安もなくなると思いました。

親は子どもの「やる気」と「体力」をサポートすることのみです。
見守るというのが案外難しいということにも気づかされました。
できてないことが多いとつい手を貸してあげたくなりましたが、
それでは子ども自身の成長を妨げることになると思い、我慢をしました。

中学受験を通して、学力はもちろんのこと、人間的にも一回り以上成長した息子を誇りに思います。

先生方をはじめ、スタッフの皆様方にもたいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop