中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

開智中学校

2015年07月掲載

開智中学校の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.入試問題で「疑問→仮説→検証」のプロセスを体験する

インタビュー1/3

『花が咲く』という身近な現象に目を向けて考える

小野先生 本校では、(1)自分で疑問を見つけて、(2)仮説を立て、(3)実験や調査で検証する「探究テーマ」と「フィールドワーク」に力を入れています。そこで、受験生にも本校の「探究のプロセス」に沿って入試問題を解いてもらいたいと思い、この問題を含む大問を作問しました。

リード文の「多くの植物が毎年同じ季節の同じ時期に花を咲かせる」というK君の疑問を出発点に、花が咲くのに必要な光条件の仮説を立てて、いろいろな条件設定で実験を行い仮説を検証するという流れになっています。

疑問を見つけられないと、探究プロセスを経ることができません。受験生には「花が咲く」というような日常よく目にする現象を素通りせずに「なぜだろう?」と考える好奇心を大切にしてほしいと思います。

理科/小野正太先生

理科/小野正太先生

オナモミのデータをキクに当てはめて考えてみる

この問題がユニークなのは、実験結果はオナモミですが、キクについて聞いていることです。そうすることで「別の植物ならどうなるのか」という疑問がわき上がる様子が目に浮かぶようでした。

小野先生 ここでキクを取り上げたのは、オナモミの実験データを別の植物に当てはめて考えられるか、小学生の応用力を試してみようと思ったからです。

また、K君のおじさんは花を育てている農家、つまりは専門家として登場しています。本校のフィールドワークでは専門家を訪ねて自分が立てた仮説についてアドバイスを受けることもしており、それを模しています。農家ではオナモミを栽培していないのでキクを取り上げた次第です。

鈴木先生 キクについては、「人工的な光条件をつくる」という実験から、「電照菊」を思い浮かべた受験生がどれだけいたかということにも興味がありました。

社会科の担当者に聞くと、受験生の多くが電照菊について知っているそうです。電照菊の知識がこの問題と結びついたかどうかはわかりませんが、他の教科で学んだことを理科に活かせるといいなと思います。

『暗い時間が長くなると花が咲く』というキクの性質をとらえる

小野先生 オナモミの実験結果は作問過程の終盤に追加しました。これは、いろいろな正解が出ないように正解を極力集約するためです。実際はいろいろな答えが出ましたが、表現は違っても伝えようとしていることが合っていれば点数をあげました。その点は、小学生らしい表現の豊かさを感じました。

答案を見るとこちらが予想していたよりよく書けていました。正解できたということは、仮説を検証できたということだと思います。

模範解答としては、「光条件を与え続けて花を咲かせない」というのが一番シンプルでしょう。キクは暗い時間が長くなると花が咲く植物なので、光を当て続けることで咲かせないようにします。

「性質は同じ」という仮定ですが、実験データはオナモミなので、この問題に関しては具体的な時間の長さに触れていなくても採点に影響はしません。ただ、「暗黒条件を9時間より少なくして花を咲かせない」と書いた受験生はいました。オナモミのデータを見ると、「9時間以上暗黒条件にすると花が咲く」ことがわかりますから、これはオナモミのデータを正しく読み取ったうえで解答したとみなして正解としました。

開智中学校

開智中学校

誤答は思い込みで答えたパターンが多かった

小野先生 植物は暗い時間を基準に考えると、暗い時間が長くなると花が咲く植物(キクなど初夏から秋にかけて咲く)と、暗い時間が短くなると花が咲く植物(サクラなど春から初夏に書けて咲く)に大別されます。

誤答を見ると「明るい時間を多くして花を咲かせる」というように、「光がたくさん当たれば花が咲く」という思い込みで答えたとみられる答案が目立ちました。必要な情報を読み取って正解できた受験生がいた一方で、きちんと読み取れず先入観がはたらいたとみられる受験生もいたということです。この問題のように初めて見るタイプの問題を解く際は、持っている知識を活用するのはもちろんですが、先入観にとらわれずに与えられた情報を整理する力も必要になります。

子どもの疑問を親も一緒に考える

鈴木先生 「なぜだろう?」という疑問は、お子さんだけでなく親御さんも共有して家庭で話題にしていただきたいと思います。私は今年の先端A入試の化学分野の問題を作りましたが、昨年報道された金属加工工場の火災事故を題材にしました。この事故では、放水すると爆発する危険性があるため、初め消火活動を見合わせていました。ニュースを見た小学生の多くは「どうして放水して火を消さないのか」と思考が止まってしまったかもしれませんが、疑問をそのままにせず、自分で調べたり、親御さんに聞くなどアクションを起こしてほしいですね。本校では世の中の出来事に興味・関心のあるお子さんに入学してもらいたいと強く思っています。

開智中学校

開智中学校

インタビュー1/3

開智中学校
開智中学校心温かい21世紀のリーダーを育てるために環境・設備に最善を尽くし、研究を重ねた中高一貫の教育内容で、1997(平成9)年、現開智高校を設立母体として新設開校。綿密に練られた理念と教育計画は、開校当初より大きな注目と人気を集める。開智中高は一貫部、開智高校は高等部と区別改称。2004年、小学校(総合部)を開校。
5階までの中央の吹き抜けが、開放的な生活環境をつくる。質問コーナーを設置した開放的な職員室。ブース式で140席ほどある自習室。蔵書約4万冊の図書室。演劇発表や講演会ができる340席のホール。バスケ2面の体育館。広大なグラウンドなど施設に恵まれている。昼食は中1・2まで弁当持参。ただし希望者には給食弁当あり。中3から食堂などが利用可。
「創造型・発信型の心豊かな国際的リーダーの育成」を教育の目標に掲げ開智教育の3つの柱である「高質な知識と思考力を育てる教科の授業」「学ぶ力を育て探究力・発信力を養う探究テーマ・フィールドワーク」「行事・部活動・生徒会活動などによる自主性の育成」に取り組む。
難関大学を目指す徹底的な中高一貫進学校型カリキュラム。2年ごとに3つのステージに分類。I類・II類、文系・理系分けなど、目標や適性に合わせ複合的にコースを組みあげている。週2回の英会話はネイティブとのチームティーチング。『フォニックス』『トレジャー』を使い、英語で自分の意見を発信、ディスカッションできる高度な英語力を養成。英・数は習熟度別分割授業。補習・講習、プリント、小テストなどメニュー豊富できめ細やか。本(知識)を前提とせず体験から学ぶ「フィールドワーク」や、一人ひとりがもつ「探究テーマ」は、受験レベルを超えた創造的学力を養う同校ならでは。2009年に「先端創造クラス」を新設。自ら考え学ぶ創造的学力を高度に育成する。
フィールドワークは、中1は磯、中2は森林へ行く。中3で関西・広島、高1で首都圏、高2でイギリスへと活動範囲が広がる。クラスの枠を越え、探究テーマを深めながら、発表、取材、討論をとおして、国際的視野に高めていく。中2~高1の希望者対象にニュージーランド・オーストラリア語学研修もある。生徒会・部活動などに自主性が生かされ、THEグリーン委員会、ボランティア委員会など、生徒からの声で作られた委員会もある。高1・高2では「学部学科探究」を実施。いろいろな分野の大学の教授から講義を聞き、学問への興味付けをはかる。クラブは、運動部13、文化部9、同好会2あり、週4日活動。