中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

普連土学園中学校

2014年07月掲載

普連土学園中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.言葉の意味を調べて語彙を豊かにしよう

インタビュー1/3

ことわざを状況に合わせて使えるか

鈴木先生 以前から、ことわざや四字熟語が現代語の文章の中で適切に使われなくなっていることが気になっていました。私がことわざを使って表現すると、生徒から「先生はよくことわざを使いますね」と言われるほどです。生徒にとって、ことわざは知識にとどまり日常では使わなくなっています。そこで、ことわざを会話の中できちんと使えるか試したいと思って提案しました。

谷田貝先生 ことわざを文脈の中でとらえてほしいと思い、ことわざを使った日常会話をいろいろ考えました。ただ作ってみると、「それって『棚からぼた餅』だよね」という状況説明で終わってしまうことが多く、なかなか文中に入れにくい。それでも受験生が想像できそうな状況を想定して原案をアレンジしました。

知識として知っていても使わなければたちまち「死語」になります。ことわざは意味を覚えるだけでなく、ぜひ日常の中で使ってみてほしいですね。

鈴木先生 以前、生徒にことわざを使って短文を作らせたことがありますが、パーフェクトな文章はほとんどありませんでした。日本語としておかしなところがあったり、辞書の例文のようでオリジナリティーに欠ける文章が目立ちました。自分らしい表現ができていないということは、それだけことわざを日常的に使わなくなったということなのでしょう。

普連土学園中学校 先生

普連土学園中学校 先生

『ぼた餅』が何か知らないので、幸運な状況がわかりにくい

鈴木先生 ことわざの中に“古い言葉”があると、ことわざの状況を現代の生活にあてはめるのが難しくなります。「棚からぼた餅」と言っても、今の子どもは「ぼた餅」を知りません。「ぼた餅=おいしいもの」とわかれば、ことわざの状況が「思いがけない幸運が訪れること」だと納得できると思います。解釈だけを覚えたのでは、なかなか使えるようにはならないでしょう。

ぼた餅を知らないというのは、お彼岸におはぎを食べる習慣がなくなっているのでしょう。文化が廃れてしまうとそれにまつわる言葉も消えてしまいます。逆に、言葉をきっかけにその文化を知るように、国語がその役割を担っていると感じます。ことわざは、おもしろい表現や言い得て妙な表現がたくさんあるので、ことわざを言葉の財産として受け継いでいきたいですね。

状況がある程度理解できれば正解を選べる

大井先生 この問題の正答率は、合格者が87.4%、不合格者でも76.2%でした。全問正解者も結構いました。選択問題ですし、出来具合としては予想通りでした。極端に誤答が多かった問題も特にありませんでした。

谷田貝先生 選択肢の文章を読んで、状況から類推して正解を選ぶこともできたのではないでしょうか。会話の中でことわざを使ったことがなくても、問題を解きながら「こういう使い方をするのか」とわかってくれればいいと思います。

普連土学園中学校

普連土学園中学校

わからないことをそのままにしないで調べよう

谷田貝先生 生徒と話していると語彙が圧倒的に少ないと感じます。授業で難しい言葉を使ったつもりがなく普通に話していると、生徒が言葉を知らなくて通じないことが多々あります。

大井先生 漢字のテキストに意味が載るようになり、本校でもそうした教材を選んでいますが、漢字は書けるけれど意味を知らない、覚えない生徒が多いですね。

谷田貝先生 電子辞書を持っていても調べない。「わからない」ことが気にならない、平気な生徒が多いと感じます。

鈴木先生 わからないことが気になって自分で辞書を引いて調べるような、知的好奇心が旺盛な生徒は、学年が上がるにつれて力を伸ばしているように思います。「まあ、いいか」で流さず、食い下がる粘り強さがあるので、こちらが示唆を与えれば自分で学び進むことができます。そうした生徒は、大学進学にとどまらず将来を見据えた進路選択をしているし、大学卒業後も目指したところに向かっている印象があります。

語彙定着は“急がば回れ”で意味調べせよ

鈴木先生 一昔前なら、「意味調べをしなさい」などと言わなくても生徒は自発的に調べていました。10年ほど前、英語の教員が高校生に予習すべき英単語リストを配布しているのを見て、そこまでしなければならないのかと愕然としました。

ところが、今では私も高校生に意味調べのプリントを提出させています。さすがにリストまでは作っていませんが、調べる量にかなりの“格差”があります。意味調べのような地道な作業をコツコツできる生徒は、授業でのこちらの投げかけにも即座に反応します。

自分から意味をつかもうとする力、能動的に取り組む姿勢を早い段階から身につけていると、後々残るものが多い。覚えたことの多くは忘れてしまいますが、それでも主体的に取り組んだものは残りやすいと思います。

大井先生 調べる手間が面倒だと思うかもしれませんが、実はそれが知識を定着させる近道なのです。

普連土学園中学校

普連土学園中学校

言葉の意味を正確にとらえると、より深い文章読解ができる

谷田貝先生 言葉は似ていてもどこか違いがあるものです。微妙な差異を気にしないで、ざっくり一括りにまとめてしまう傾向があるのは気になります。

鈴木先生 意味が複数ある言葉もあるので、違いがわかるためにも辞書を引いてもらいたいです。高校の授業で、文中に「懐かしい」という言葉が出てきました。辞書を引くと「昔のことが思い出されて心ひかれる」というよく知られた意味だけでなく、「慕わしい」という親近感を表す意味が出てきます。その文中では、「昔を思い出す」よりも「親しく思う」という意味がしっくり来ます。そのことに生徒も気づいて「そうか!」と納得してくれました。その気づきを体験した生徒は、別の意味がないか気をつけるようになります。

言葉の意味を丁寧に調べて作者がどの意味で使いたかったのかをつかむことができれば、より深く作品の世界を読み解くことができます。

インタビュー1/3

普連土学園中学校
普連土学園中学校1887(明治20)年、キリスト教フレンド派(クエーカー)に属する米国フィラデルフィアの婦人伝道会により創設。当時米国留学中の新渡戸稲造の助言によるもので、「普連土」の漢字は津田梅子の父・津田仙によりあてられた。
生徒一人ひとりにある「内なる光」を導き出し、育てることを教育目標とする。毎朝20分の全校礼拝や週に1回の「沈黙の礼拝」は、自らの“内なる光”に気づく機会でもある。また「Small is beautiful」をモットーに、創立当初から少人数制主義を守り、1学年3クラスの規模とし、生徒の特性と個性を理解した教育を実践。全員参加の自治会活動を行うなど、広い意味での奉仕の精神と国際性の涵養にも力を入れている。伝統ある「小さな名門校」でファンも多い。
学園内に木々や草花が植えられ、都心とは思えないほど静か。赤い屋根、広いベランダが人気の校舎はモダンだが、机と椅子と床は木製で、自然のぬくもりを大切にしている。視聴覚設備を完備した音楽教室、蔵書3万冊の図書館、講堂など、施設は十分。
基礎をていねいに身につける面倒見の良いカリキュラムが特徴。英語は中1から週6時間。うち2時間の英会話はクラスを3分割し、外国人教師による指導が行われる。中3~高3の英語、高1~高3の数学、高2の化学、高3の古文では習熟度別授業を実施。中3英・数・国の補習が夏休みにあるほか、高校では大学入試対策を中心とした補習が放課後や長期休暇中に行われる。中3の夏休みには興味ある職業について内容を調べ、在校生の保護者の職場を実際に取材してレポートを作成する。高2から選択授業を豊富に取り入れ、高3では演習が増え、40%近い理系進学をはじめ幅広い進路に対応。大学合格実績では堅実な成績を収めている。
生徒同士の交流は家庭的な雰囲気であり、学校生活、クラブ活動においても温かな空気が流れている。クリスマス礼拝、収穫感謝礼拝など宗教行事のほか、ネイティブスピーカーの先生や留学生と英語で対話をしながら昼食をとる週1回のイングリッシュ・ランチ、安曇野でのイングリッシュ・キャンプなど英語を楽しく学べる行事が多い。高1・高2の希望者が参加するジョージ・フォックス・ツアーはフレンド派の原点をたどるイギリス研修旅行。学校にはフレンド派に属する世界の識者や有名人が毎年のように訪れ、生徒たちと語り合う機会も多い。生徒会はじめ14の委員会があり、生徒はいずれかに全員参加。クラブは中高合わせて文化系が13、体育系が9ある。