中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

世田谷学園中学校

2014年04月掲載

世田谷学園中学校の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.問題の意図を読み取り、伝わる文章を書けるように

インタビュー2/3

身近な状況設定で問題に入りやすく

古澤先生 入試は基本問題が中心で、基礎知識がしっかり定着しているかどうかを見ます。実験・観察に沿って出題するので、実験・観察をどれだけ理解しているかも測ります。また、普段の生活の中にある不思議を科学的な視点で解く問題や、ニュースも含め身近な自然にどれだけ興味・関心をもっているかを見る問題も出すようにしています。

2014年の第1回入試の大問1は、中1の行事であるサマースクール(長野県・黒姫高原)で拾った岩石について調べるという設定です。自分がその状況にいるように、自然な流れで問題を解いてもらえるように設定を工夫しているつもりです。机の上の学習だけでなく、日常の生活にちなんだ問題を出したいと思っています。

理科/古澤 誠先生

理科/古澤 誠先生

問題文が長めの理由

古澤先生 本校の問題は、状況設定の説明を丁寧にしているため文章が長めです。実験の流れをきちんととらえてもらうためにも、ある程度の文章量を必要とします。問題を解く際は、必要な箇所にアンダーラインを引いたり、自分で整理することも必要です。この問題の実験そのものは基本的な実験ですが、温度設定が40℃の他に0℃と80℃があるので、その条件で何を聞きたいのかを読み取ります。

受験生の答案を見ると、出題の意図を読み取れていないと思われるケースが多く見られます。問題文をやや長めにしているのは、読み取りを試す目的もあります。普段から問題の意図を読み取ることを意識して、文章をきちんと読む習慣をつけましょう。この問題のように、条件のどこが同じでどこが違うのかを確実に読み取れると、正解に近づくことができます。

自分だけがわかっている文章が多い

古澤先生 生徒を見ると、文章の読み取り不足もそうですが、書けない、伝わらない文章も多い。短い文章でも、自分だけがわかるような文章を書いてしまって、相手に読ませる意識が足りません。こちらが「こういうことを伝えたいのだろう」と汲み取るのですが、それはその生徒を知っているからできるのであって、知らなければ別の解釈をするかもしれないと思われる文章が、中2までは多いですね。

塾のテストでも、子供の中ではきちんと説明しているつもりでも、客観的に見ると言葉足らずで意味が伝わらない答案はよくあります。採点者が補足しないと意味が通じない答案は不正解にします。

古澤先生 伝わりにくい例としては、「こうだから、こうなる」ではなく、「こうではないから、こうなる」という文章です。打ち消しの言葉が入るとまわりくどくてわかりにくい。相手の気持ちを想像して文章を書くことをあまりしていないのではないでしょうか。それは誤字が多いことからもうかがえます。

わかりにくい表現は、できるだけ早い段階で、そのことに気づいて修正するように注意しています。特に中1の始めはレポート提出が頻繁なので、添削で指摘したり、多く見られた伝わらない表現は授業で取り上げるなどしています。

レポートはフォーマットがあるわけではなく、実験ノートにある実験の項目(目的、方法、結果、考察)に準じて書きます。決まっているのは項目だけなので、最初は「レポートは表紙を付ける」ところから指導します。

世田谷学園中学校 古代蓮

世田谷学園中学校 古代蓮

インタビュー2/3

世田谷学園中学校
世田谷学園中学校学園の理念である“Think&Share”は、釈尊の「天上天下唯我独尊」に基づく。「Think」は知的好奇心をもって思索する力を極限まで深め、自己の確立をはかること、「Share」は人の意見に耳を傾け、助け合う心を育てること。仏教の精神に立脚し、生徒に人間として生きることの尊さを自覚させ、国際的視野に立って、積極的に行動できる人間形成を目指している。
1592(文禄元)年創始の曹洞宗吉祥寺の学寮“旃檀林”が前身。1902(明治35)年曹洞宗第一中学林と改称。1947(昭和22)年、世田谷中学校開設。1983年、現校名に改称。積極的な国際交流を推進するとともに、1996(平成8)年には高校募集を停止し(スポーツ推薦を除く)、1998年完全中高一貫体制を固める。2001年に創立100周年を迎えた。駒澤大学は系列校。
都内校のなかでは校地は比較的広く、放光館(理科実験室や講義室、音楽室)や修道館(総合体育館)、三心館(食堂)、グラウンドなど施設も充実。修道館には柔・剣道場、温水プールなどが完備され、学園が誇る禅堂や、図書館・コンピュータルームなどもある。2001年、創立100周年を記念して新校舎が建設された。
カリキュラムは大学現役合格を目標とした進路別・学力別構成が特色。6年間を前期(中学1年・中学2年)、中期(中学2年~高校2年)、後期(高校3年)に分け、最終的に大学現役合格をめざす。授業は「コンパス」と称するシラバスを配布。多様な副教材を使用し、生徒の理解度を確認しながら授業を進める。中学1年~高校1年は難関国立大学を目指す特進クラスを設置、1年間の成績により入れ替えも行う。高校2年からは、文理別コース制を組み合わせ、進路に応じたきめ細かな指導を行う。夏期集中講座、放課後のステップアップ講習も実施。毎年、難関大学へ多数の合格者を出し、現役合格率も高い。
クラブ活動は盛んで、なかでも空手道部は全国大会で数多くの優勝経験をもつ。硬式野球部も甲子園出場経験がある。活躍は運動部だけにとどまらず、吹奏楽部はアンサンブルコンテストで都大会の金賞常連校。国際交流にも力を入れ、中学2年で希望者はニュージーランドでホームステイを体験。また、高校1年では全員参加のカナダ英語研修旅行や、選抜で3ヵ月のカナダ姉妹校交換留学があります。12月には約1週間の早朝座禅を行い、仏教・禅の心にも触れる。