中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

市川中学校

2016年03月掲載

市川中学校の社会におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.歴史は現代とのつながりを意識して教える

インタビュー3/3

昔の暮らしぶりが想像できる例を紹介

相馬先生 私は中学で歴史を教えています。授業では歴史が「遠い昔のこと」になってしまわないように、食べ物や生活様式など当時の人たちの暮らしぶりが想像できて、身近に思える例を示すように心がけています。

例えば現代はメールやLINEでいつでも簡単に連絡できます。でも、昔は時間も手間もかかりました。どのように手紙のやり取りをしていたのかを考えてもらいますが、今の生徒にとって「手書きの手紙」というのは新鮮なようです。そうした身近な例を出すと、「今と同じ」「今とこんなに違う」とわかるので、生徒は興味を持ってくれます。

市川中学校

市川中学校

定期試験の振り返りで記述の読解力を鍛える

相馬先生 中学の定期試験では3〜4行記述させる問題を出すようにしています。試験の振り返りで、「設問文でこう聞かれたら、資料のココとココを書かないと設問の要求を満たせないよ」というように解説しています。

最初は戸惑っていた生徒も、「こうした聞き方のときは、これについて書かなければいけない」と読解のコツをつかんでいきます。資料1、資料2、資料3があれば、触れなくてもいい資料があるわけではなく、すべて盛り込まなければならないなど、試験問題で具体的に解説すると生徒は実感を持って学んでくれているように思います。

グループワークを興味・関心のきっかけに

川崎先生 比較的時間に余裕のある中学ではグループワークやディベートなどのアクティブラーニングを取り入れるようにしています。教科書に載っていないことも取り上げるので、「こんなこともあるんだ」といろいろな発見があると思います。それが興味や関心を持つきっかけになれば、高校に上がったときに自分で調べたり、本を読んだりして自発的に学ぶようになればと期待しています。

相馬先生 中学では学期に1〜2時間、グループワークを行っています。生徒が持っている資料集の中からテーマを決めて、班でまとめて発表してもらいます。先日は、鎌倉時代と室町時代の農村風景の違いについて話し合ってもらいました。室町時代になると人が多くなって作業を指示する人が出てくることから、惣村(自治体)の話につなげます。

同じ資料を使っても班によって発表内容が微妙に違います。「ここを取り上げたのは着眼点がいい」「ここはもう少し説明が必要」などとアドバイスします。どのように情報を読み取り、整理して活用すればいいか、生徒がグループワークをきっかけにつかんでくれればと思います。今後はこうした機会をもう少し増やしていきたいですね。

市川中学校

市川中学校

模擬裁判は実際の法廷で行う

相馬先生 中3の公民の模擬裁判もアクティブラーニングの1つです。裁判所も見学しますが、実際の裁判所(千葉地方検察庁 特設模擬法廷)で行うので、生徒は裁判をリアルに感じると思います。

弁護士の先生が被告人の役で、生徒たちが裁判官、裁判員、検察官や弁護人の役でロールプレイングします。裁判終了後、各グループに分かれて意見交換し、判決を決めます。

18歳選挙権が今年夏の参院選から適用されるので、模擬選挙も考えています。

少し物足りないくらいの方が自分で考えて動く

相馬先生 社会科、特に歴史の授業は受け身になりがちです。板書を写して大事なところを覚えて終わりになっているように思うので、もう少し自分から考える姿勢を養いたいですね。

川崎先生 社会科は残念ながら考える教科とはとらえられていません。それは教員が与えすぎているせいもあると反省しています。

例えば板書を完璧にせず、「ここは自分で調べて」と少し突き放してみる。少し物足りないくらいの方が、生徒は自分で考え自分で動くのかもしれません。

点が取れるかどうかにとらわれすぎず、「おもしろいから知ろうとする」「知ることで楽しくなる」ということも学ぶ価値として大切にしてほしいと思います。

市川中学校

市川中学校

批判的な視点で物事を見られるようになろう

川崎先生 生徒には教科書に載っていることや今まで習ったことが、果たして本当なのか疑ってほしいですね。教員の話を100%鵜呑みにせず、「こんな見方もあるようですが」と突っかかってくるくらいでいい。ただ、ここ3〜4年、生徒が従順でおとなしくなっているように感じます。世の中に対して「本当なの?」と批判的な目を持ち合わせてほしいですね。

高森先生 古今東西の哲学を学ぶ講座「市川アカデメイア」では、参加した生徒(高2)たちは自分の考えをしっかり述べていました。普段は周りに遠慮しているのかもしれませんが、本校の生徒は、自分なりの思いを内に秘めていて、話すべきときに話せるだけのものを持っていると思います。

インタビュー3/3

市川中学校
市川中学校1937(昭和12)年、市川中学校として開校。47年、学制改革により新制市川中学校となる。翌年には市川高等学校を設置。2003(平成15)年には中学で女子の募集を開始し、共学校として新たにスタート。同時に新校舎も完成させた。女子の1期生が高校へ進学する06年には高校でも女子の募集を開始。昨年4月には校舎の隣に新グラウンドが完成。2017年には創立80周年を迎えます。
創立以来、本来、人間とはかけがえのないものだという価値観「独自無双の人間観」、一人ひとりの個性を発掘し、それを存分に伸ばす「よく見れば精神」、親・学校以外に自分自身による教育を重視する「第三教育」を3本柱とする教育方針のもとで、真の学力・人間力・サイエンス力・グローバル力の向上に努めている。
効率よく、密度の濃い独自のカリキュラムで、先取り学習を行っていく。朝の10分間読書や朝7時から開館し、12万蔵書がある第三教育センター(図書館)の利用などの取り組みが連携し、総合して高い学力が身につくよう指導している。中学の総合学習はネイティブ教師の英会話授業。2009年度より、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校となる。授業は6日制で、中1、中2の英語7時間、中3数学7時間など主要科目の時間数を増やす。ほかに夏期講習もあり、中1・中2は英・数・国総合型講習を実施。高校では、高2で理文分けし、高3ではさらに細かく選択科目等で国立・私立のコースに分かれて学ぶ。授業の特徴としては、インプット型の学習で基礎力を育成するともに、SSHの取り組みとして、研究発表、英語プレゼンなどを行う「市川サイエンス」、対話型のセミナーである「市川アカデメイア」、文系選択ゼミの「リベラルアーツゼミ」といった発表重視のアウトプット型の授業展開を実施している。教科の枠を越えたコラボ授業として、中1では建学の精神にもある“なずな”を理科で観察し、国語で芭蕉の俳句を学び教科としての連携をとっている。他にも音楽×国語で合唱祭の作詞、国語×社会×数学でディベート大会など多くの教科でコラボしている。
高1の各クラスごとに3泊するクラス入寮は創立当時から続く伝統行事。クラブは中高合同で活動する。行事は体育祭、文化祭のほか、自然観察会、合唱祭、ボキャブラリーコンテストなどもある。夏休みには中1、中2で夏期学校も実施。中3でシンガポールへの修学旅行を実施。また、希望者を対象にカナダ海外研修(中3)、イギリス海外研修(ケンブリッジ大学、オックスフォード大学中3・高1)、ニュージーランド海外研修(高1)が実施されている。生徒のふれあいを大切にしているが、カウンセラー制度も設けて生徒を支えている。