中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

駒場東邦中学校

2015年05月掲載

駒場東邦中学校の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.仕組みを知れば丸暗記でなく知識を定着できる

インタビュー2/3

大問全体の問題の流れにうまく乗って考える

井上先生 本校の問題は、さほど難しいことは聞いていません。小学生が知らないような事柄を出題することはありますが、それを知識として要求しているわけではありません。リード文や問題文をきちんと読み取り、問題の流れに乗って考えれば答えられるような問題をだしているつもりです。この問題もダンゴムシがウイルスに感染したときの変化を知らなくても解き進められます。受験生には大問を解きながら考えを深めて学んでもらいたいと思っています。

堤先生 記述問題の解答で大切なことは、要点を押さえた「伝わる文章」であることです。頭の中の考えがうまく整理できていると、理路整然とした文章が書けると思います。そうした答案は採点していて「この受験生はきちんと理解しているな」とわかります。

井上先生 解答欄のスペースを見れば、どの程度深く、広く書けばよいかおおよそ推測できると思います。要は、「端的に、明快に表現しましょう」ということを、解答欄で示しているつもりです。

理科(化学)/松岡雅忠先生

理科(化学)/松岡雅忠先生

記述問題の受験生の取り組みに手応え

松岡先生 小問集合問題の「正しいものをすべて選びなさい」という解答形式は、正しい答えの数を考えるのが受験生にとってストレスになるかもしれないという懸念から、ここ数年できるだけ少なくしています。そうすることで、この問題のように、考えて説明するタイプの問題に取り組む余裕が出てきたのではないかと思います。最近は記述問題の無解答はほとんどなく、最後までがんばって解いてくれている答案が多くなりました。採点をしていても手応えを感じます。受験生の顔が見えるような問題を出したいと思っています。

松岡先生 1つの現象をいろいろな角度から考えさせるのは、どの大問にも共通しています。理科に限りませんが、ご家庭で「今日学校(塾)でこんなことを習った」という会話ができるといいですね。そのときお子さんに「それって、どういうこと?」と説明を促す質問をしてあげるといいと思います。

実験過程のおもしろいところを素通りしない

松岡先生 入学後に入試問題の前提となっている実験を行うことがありますが、生徒の反応は上々です。

井上先生 ただ、実験材料を見て、生徒が「あ、それ知ってる!」と言うから、「それならできるよね?」と促すと、途端に尻込みします。

松岡先生 知っていればできるかというと、そうはならない。知っているのと手を動かすのは別物ですね。実験を題材にした問題を解くと“実験ができた”と思いますが、実際にやってみると操作や手順が抜け落ちていたりするものです。この操作にはどんな意味があるのか、そうすることでどうなるのか、実験の過程のおもしろいところを素通りしないように、こちらから絶えず生徒に働きかけるようにしています。

ものを溶かす実験はおもしろがってやっています。知識として、水100gに食塩がどれくらい溶けるか、「これくらい」というイメージがあると思いますが、実際は先入観を持たずにやります。耳かき程のごく少量ずつ入れたり、一度にたくさん入れたりアプローチは様々ですが、最初は自由にやらせています。

駒場東邦中学校

駒場東邦中学校

理科実験の分割授業で、実験の技能や観察力を身につける

井上先生 中1の最初の授業(一斉授業)ではガスバーナーの使い方を教えます。本校は操作の手順を教える前に、一人ひとりがガスバーナーを分解してその構造を把握させます。すると、ガスねじと空気ねじの位置は上下どちらか迷うことはなくなるし、丸暗記ではなく理由付けをして覚えられます。そこは中学理科の入口として大切にしています。

松岡先生 本校は実験を積極的に行っています。実験室だけで9室あります。実験はクラスを2つに分けて行うことがあります。2人1組の実験はただ見ているわけにはいかない、参加せざるを得ない状況になります。役割分担をして協力し合うので、友達づくりにも一役買っています。

堤先生 分割実験は教員や助手の目が届きやすい。顕微鏡の操作でピントが合わないなど、うまくできなければ生徒一人ひとりに指導できるので、最初に操作をしっかり習得できると思います。

インタビュー2/3

駒場東邦中学校
駒場東邦中学校1957(昭和32)年4月、東邦大学の理事長であった額田豊博士が、当時の名門・都立日比谷高校校長の菊地龍道先生を招き、公立校ではできなかった夢を実現させるため、現在地に中・高を開校。71年に高校募集を停止し、完全中高一貫教育の体制が確立した。2007(平成19)年に創立50周年を迎えた。
神奈川、東京のどちらからも通学至便で、東大教養学部にも程近い都内有数の文教地区に位置。300名収容の講堂、5万5千冊の蔵書を誇る図書室、9室の理科室、室内温水プール、トレーニング室、柔道場、剣道場など申し分ない環境が整っている。職員室前のロビーには生徒が気軽に質問や相談をできるよう、机やイスを設置している。
先生、生徒、父母の三者相互の理解と信頼に基づく教育を軸に、知・徳・体の調和のとれた、科学的精神と自主独立の精神をもった時代のリーダーを育てることを目指す。年間を通じて行事も多く、とくにスポーツ行事などでは、先輩が後輩の面倒をよく見る「駒東気質」を培う。中1では柔道・剣道の両方を、中2・中3はどちらかを履修することになっている。
2004年から中学校では1クラス40名、6クラス編成に。「自分で考え、答えを出す」習慣を身につけながら、各教科でバランスのとれた能力を身につけることが目標。英・数・理では特に少人数教育による理解の徹底と実習の充実をはかっている。中1・中2の英語と理科実験は分割授業。数学は中2(TT)・中3(習熟度別分割)・高1と高2(均等分割)の少人数制授業を行う。英語は、深い読解力をつけるために中3~高3までサイドリーダーの時間を導入。さらに高3ではネイティブ指導のもと自分の考えを英語で表現するコンプリヘンシブ・クラスなど独特の指導も展開している。読書指導も本校独自の「読書生活の記録」を各人に持たせ、積極的に行っている。文系・理系に分かれるのは高3になってから。補習は中学生は指名制、高校生は希望制の夏期講習を実施する。
濃紺の前ホック型詰襟は、いまや駒東のトレードマーク。伝統的に先輩・後輩の仲がよく、6月初旬の体育祭では全学年が一丸となって燃える。中学では林間学校・水泳大会・全校マラソン大会など健康な体をつくるための行事が盛りだくさん。高校生になると体育祭などで中学生を指導してリーダーシップの育成をはかる。クラブは同好会を含めて文化部29、体育部16があり、中高一緒に活動。放課後の校内は活気であふれている。軟式野球部・アーチェリー部・囲碁部・将棋部・化学部など全国大会に出場したクラブも多い。アメリカ・台湾への短期留学制度もある。