中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

成城学園中学校

2014年08月掲載

成城学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.中学入試の算数の問題は幅広い。だから、問題を作る先生方の視点も幅広い

インタビュー3/3

入試問題を作る先生は、今年はこのメンバーでと決めるのですか。

冨田先生 基本的に数学科として作っていますので、みんなで考えます。

今年は何にしようかとぼんやり考える時に、「これ、いいな」と思う瞬間があると思うのですが、それは大学入試や高校入試、または小学校入試を見て発想されるのか、そのあたりはどうなのでしょう。

冨田先生 正門前の地面に正六角形の形がすき間なく埋まっているのですが、何年か前の問題はそれを見て考えました。そういうこともあれば、高校の教科書を見てというのもあります。ちょうど今、高校の教科書の中に新しいカリキュラムとして整数の性質が入ってるのですが、その中には小学生も答えられるものもあるなと眺めてみたりします。割るとか余るとかという感じの文章ですね。合同式あたりもおもしろいかもしれません。

先生方が持ち寄ってきた問題をみなさんで検討する時に、あ、これ大学入試の問題を使ってるなと感じたとこなどはありますか。限られてしまいますが、高校の教科書に載っている範囲としては、整数論とか場合の数、立体で若干使えるものがあると思うのですが。

冨田先生 そう言えば、軌跡の問題でカージオイドやアステロイドになるものがありました。中学受験の算数は、ほんとうに扱う守備範囲が広いですからいろんなところから使えるものがあると思います。

成城学園中学校 銅像

成城学園中学校 銅像

創立者の澤柳政太郎先生が「楽しみは見出すものだ」と言っていらっしゃいますが、いつも、一番最後の問題がおもしろいですね。その場で考える問題で、去年は朝顔の観察でした。最後の問題を見るのも、楽しみです。

冨田先生 ありがとうございます。誤解を恐れずお伝えすると、うちの数学科の教員は根っこの部分で受験問題を楽しんで作っているところがあるんじゃないのかなと思います。そういう自由な発想ができる場があるということでしょうか。ただ最近は成城学園を受験する層と我々が考えた入試問題のレベルが乖離しているのではという声がいろんなところから聞こえてきたりもします。その辺は我々の課題かなと。例えば誘導の設問を用意することでより取り組みやすくする方法もあると思います。ただ、その誘導を置くことで、本当に考えてほしいところが考えなくてもよくなってしまったりするときもあり、問題作成の難しさを感じます。その辺りは、もっとこちらが勉強して考えていかなくてはならないと個人的に思っています。

インタビュー3/3

成城学園中学校
成城学園中学校1917(大正6)年、日本教育界の重鎮である澤柳政太郎が開設した成城小学校を原点とし、7年制の旧制高等学校の伝統を継承しています。創立当初から「自学自習」「自治自律」精神を大切にする自由な校風。
中学1年は30名の8クラス編成。英語を重視し、少人数制授業や習熟度別授業を導入。全ての生徒が大学に進学することを前提とし、中学では基礎学力をしっかりと身につけます。補習も充実。中学3年の3学期に行われる「選択授業」では、芸術・実技系教科の多彩な講座から1つ選び、週4時間を使って作品製作、発表などに取り組みます。高校2年、3年で「主に成城大学への進路希望」(Aコース)、「主に他大学文系への進路希望」(Bコース)、「主に他大学理系への進路希望」(理数コース)の3コースに分かれます。生徒一人ひとりの幅広い進路へ対応できるサポート体制も充実。また、選択授業として行われる「自由研究」では、多様なコースの中から個性や興味、適正に基づいて好きな授業を受け、教科を超えた分野の研究や体験、作品制作を行います。併設大学進学率は50~60%。難関大学へのチャレンジする生徒が増え、併設大学にない理系(医歯薬系)を中心に他大学進学者もいます。
中学2年で行われる「山の学校」では、北アルプス登山に挑戦。中学1年で行われる「海の学校」では、遠泳に挑戦したり、ライフセービング実習を体験するなど行事も多彩。
クラブは、中学ラグビー部が全国大会、テニス(男女)、陸上(男女)は、関東大会レベル。高校では陸上(男女)、女子グランドホッケーが関東大会レベルで、一貫性も活躍。今年度男子テニス部が全国大会出場を決めました。創立100周年を迎えるにあたり、2016年に中高一貫校舎が完成予定。新しい学習システムも導入します。