中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

鎌倉女学院中学校

2014年04月掲載

鎌倉女学院中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.考え抜いた問題ばかり。できそうな問題から効率よく、確実に解いてほしい。

インタビュー1/3

2本の長方形の紙を重ねるところから発想した

出題意図からお話いただけますか。

敦賀谷先生 図形の問題では多面的なものの見方を問いたいと思っています。この問題では、重なっている部分がひし形であるということに気づくかどうかを聞きたいと思って出題しました。

どういうところで、この問題を思いついたのですか。

敦賀谷先生 図形の問題を作る時は、○を書いたり□を書いたり…。永遠とペンを動かしていまして、この問題は、長方形の紙を結んだ時に正五角形ができますよね。

割り箸が入っている紙などを折るとできますね。

敦賀谷先生 そうです。そんなところから、まずは2本の長方形の紙を重ねて、そこから3本にしてみました。

重なる部分の面積ではなく、なぜ、周りの長さを求めることにしたのですか。

敦賀谷先生 ひし形=4辺の長さが同じなので、長さに注目させたいと考えました。

受験生の出来はいかがでしたか。

山崎先生 あまりよくなかったです。重なっている部分の長さは出したけれども、最後の最後で、全体から引かなければいけないところを忘れていて、56cmと答えている解答が目立ちました。52cmと答えられたのは2割を超える程度でした。

蓬田先生 この問題ができた受験生は、全体的によくできたのではないかと思います。

数学科/敦賀谷 吉輝先生

数学科/敦賀谷 吉輝先生

出題分野のバランスは心がけていることの一つ

毎年、速さ、文章題、図形と、各分野からバランスよく出題されている印象がありますが、そこも意識されているのでしょうか。

蓬田先生 努力はしますけれども、年によっては多少偏りが出てしまいます。各出版社に掲載されている出題傾向の分析を参考に、確認をしながら構成しています。

女子校でも立体図形の問題が出されるようになるなど、新しい傾向の問題も出て来ていますが、その点はどうお考えですか。

増村先生 本校でも過去に立体図形の問題を出したことがありますが、各所から「女子校で立体は難しいのではないか」というご指摘をいただいたので、立体図形の問題を出す時には難しくなりすぎないように心がけています。ただ、先ほども申したとおり、多面的に物事をとらえる力などを見たい場合には立体図形の問題を出す場合もあります。

作問は数名の担当者で作り、取捨選択する

入試問題はどのように作っていますか。

蓬田先生 作問は3人くらいでやります。それぞれが、最初の計算問題を除いて、2番から4、5番までの大問をトータルで作って、持ち寄り、その中で取捨選択していくことが多いですね。

山崎先生 問題を持ち寄ると、分野が重なることがありますので、チェックして、「この分野の問題がないから考えよう」などと調整をしていきます。

蓬田先生 傾向として、図形、立体、速さなどの分野は男性教員のほうが多めに作ってきますね。

増村先生 やはりそれぞれに好きな分野がありますので、混ぜるとある程度バランスが保たれるという状況です。

数学科に先生は何名いらっしゃるのですか。

蓬田先生 8名で、男女4名ずつです。

数学科/蓬田 好雄先生

数学科/蓬田 好雄先生

この問題に手をつけられなかった受験生もいた

難易度についても、毎年、同じような傾向ですか。

蓬田先生 そうなるように努力しています。

増村先生 前年度が難しかったということで、今年度は押さえるよう心がけました。最初にこの問題を見た時は、「面積を求める問題じゃないんだ。難しそうだな」と思いましたが、経験の浅い人が作る問題は発想がおもしろいので、このまま出してみようということになりました。

蓬田先生 どこに配置するかは検討しました。出題する側としては、全部の問題を解いてほしい。でも、入試なので、できない問題は飛ばしてもいいわけですから、そういう意味で最後にもってきました。

そうすると、手をつけていない受験生もいたということでしょうか。

山崎先生 わりといたと思います。

増村先生 私は入試広報をしているので、説明会などに出るのですが、「算数が苦手」とおっしゃる保護者の方が多くて、「どうしたら点数を取れますか」と聞かれます。その時に必ず言うのは「できる問題から解いてください」ということなんですね。問題数が多いですし、時間は限られていますので、「一つの問題に時間をかけすぎないように…」と言っています。

試験監督をしていて気づいたのは、大問の4番、5番の(1)をまず解いておくという受験生が多いですね。まじめに順番通りにやっている受験生は、最後の問題までいかないケースが多いように思います。ですから、この問題についても、割合はわかりませんが、飛ばした子もいると思います。

文章やグラフなどから情報を読み取る力を問いたい

入試ではどんな力を求めて出題されているのでしょうか。

山崎先生 多面的に物事をとらえる力もそうだと思いますし、情報を読み取る力というのも必要かと思います。算数だと、計算ができればいいなどと思われがちですが、問題文を読んで、その意図をしっかり理解できる力というのも、今後中学に入ってからも必要になりますので、そういう力を問いたいとは心がけています。

問題文をしっかり読み取ることができないと解けないような問題を作られているということでしょうか。

山崎先生 グラフなどの問題もそのような意図を含んでいます。グラフから情報を読み取り、状況を判断できる力を見たいと思っています。

増村先生 □1番の計算でも、分配法則などは入れるようにしています。□2番、□3番の1行問題でも、最初に問うべき□を入れるようにしています。一瞬「あれっ?」と思うような問題も、受験生が練習してきている、標準的なよくある問題なんだよということに気づいてもらえるように、わざと□を前のほうに持っていき、その後に解くヒントになるものを配置するようにしています。

鎌倉女学院中学校 先生

鎌倉女学院中学校 先生

難問・奇問というのは出さないよう心がけている

今年の入試を振り返ると、全体的にひねった問題が少なく、スタンダードで、受験生の頑張りが報われる問題が多く出題される傾向が見られました。

増村先生 本校でも、なるべく難問・奇問というのは出さないようにしようとしていまして、学校の考え方もそれに近いと思います。ただ、どうしても合否を決めなければならないので、多少難しめの問題が入ったり、量が多めになったりはします。

山崎先生 作問をしているとどんどん凝ってしまい、つい文章が長くなったり、難しくなったりするので、時々原点に戻らないといけません。

増村先生 実際に今回取り上げてもらった問題も難しかったので、求めるところを間違えないように、言葉づかいはかなり添削しました。

インタビュー1/3

鎌倉女学院中学校
鎌倉女学院中学校1904(明治37)年に漢詩人の田辺新之助が開成中学校校長在任中に、逗子開成とともに湘南地区の女子教育のためにと設立した私立鎌倉女学校が始まり。1948(昭和23)年に鎌倉女学院となり、中学・高校を併設。1993(平成5)年に高校募集を停止。2004年に、創立100周年を迎えた。
古都鎌倉のなかでも由緒ある閑静な環境にある。2005年に新校舎が完成。地上4階・地下1階建て、普通教室のある「サウスウィング」にはアトリウムがあり、明るく開放的。陸奥ホール、図書室、コンピュータ教室、和室、大教室、ビオトープなどの施設がある。校外施設の天城山荘では、自然観察や歴史探訪が行われる。
「鎌女(かまじょ)」の愛称で親しまれている同校は、古くは「鎌倉夫人」と呼ばれた名流婦人を輩出し、根強いファンが多い。創立以来「真摯沈着」をモットーに、ベテラン教師と若手教師陣が連携し、心身ともに健康で、国際性豊かな人間の育成に努めている。創立100周年を機に、国際理解教育・日本伝統文化理解教育・情報教育・環境教育の4分野を軸とした新しい教育を開始した。
「完全中高一貫校」で、大学進学に向けての学習指導を行い、先取り授業や主要教科重視のカリキュラム構成。特に「語学の鎌女」といわれるほど、英語と国語の教育には定評がある。英語は『プログレス』をBOOK6まで使い、中1~中3まで週6時間あり、うち1時間は1クラスを2分割した外国人教師による英会話を実施。定期テストのあと成績不振者を対象に補習がある。高2から文系・理系コースに分かれ、選択科目を充実させるほか、生徒の実状に応じて少人数制授業や習熟度別学習を導入。国公立大をはじめ、早慶上智大などの難関大学に、現役で多くの合格者を出している。多くの難関大学に指定校推薦枠を持っている点も魅力。
学習面と同じく学校行事も盛りだくさん。5月の体育祭は特に盛り上がる。中学1年・中学2年の夏休みに行われる天城山荘合宿研修は、貴重な青春時代の思い出づくりの場となっている。11月には中学1年・中学2年で鎌倉散策が行われる。クラブは文化系14、運動系9があり、中高合同で活動している。マンドリンギター、バトン部などが活躍している。ほかに授業の一環として「特修科」があり、茶道、華道、書道、フルート、バイオリンの5講座が設置され、希望の講座を選択できる。
高1を対象にしたカナダ英語研修制度やアメリカの姉妹校との短期交換留学もある。授業は2期制で、週5日制。土曜日には日本の伝統文化や国際・情報分野などについて学ぶ「土曜講座」を受講できる。