つながろうとしている私学

小学校、中学校、高校、そして大学。子ども達がこれから歩んでいく道。学び進んでいくそれぞれの学校と学校は一見、“つながっている”ように見えます。 確かに、年齢で、形式で、つながってはいます。でも。

学びの中身を見れば、中等教育と高等教育がつながっているとは言い難い。学びでのつながりをつくることが難しいようだ。このつながっていない現実を、大切な我が子が学び進む道として、どう考えますか? つながりを探しますか? それとも、あきらめますか?

学びの中身で、環境として、高等教育とのつながりをつくろうとしている。それが、私学の中高一貫教育。私学での学びは、高等教育へとつながる学び。発想力、論理的思考力、探究心、自己表現力——大学で求められているチカラを意図的に育てようとする中高6年一貫の学び。

日能研は、そんな高等教育へつながる私学の学びに賛同しています。そして、私学から世界へつながる最初のドア(中学入試)を開けようと志す子ども達と、全力で共にいます。

KEYNOTE TOPへ
  1. 高等教育へつながる学び
  2. 高校と大学はつながっていない
  3. 高校までの学びで身につけたいチカラ
  4. つながろうとしている私学