日能研に通室をお考えの方へ

テストにはもっとやれることがある日能研のテストの特長

日能研のテストの特長

日能研では、テストを「学力を測るだけのもの」ではなく、「学びの道具」として活用するチャレンジを長らく続けてきました。一人ひとりの“私”と対話する採点〈DI学習支援システム〉。「子どものいま」を可視化する評価〈日能研ルーブリック〉。「考える」×「続ける」を刺激する〈仲間の記述例〉……。

「公平性・平等性」を超える、新たな価値をもったテスト。“私”と出あい、仲間を感じられるテストを ―― 日能研〈全国テスト〉でどうぞ体感してください。

さあ、未来を、はじめよう。―― まずは、この動画からご覧ください。

日能研がテストにこめた思い

「3軸モデル」《知識・技術力》《運用力》《私力》日能研では、2003年に「3軸モデル」という考え方を生み出しました。この考え方は、それまで当たり前のように使われながら、実はあいまいな「学力」というものを、〈知識・技術〉〈運用力〉〈私力(わたくしりょく)〉という3つの要素にして明確にしていこうというものでした。

〈知識・技術〉は、学びを通して獲得していくコンテンツ。〈運用力〉は、持っている知識や技術を使いこなすチカラ。
〈私力〉は、知識や技術の運用を自ら推進したり、仲間とつながって推進したりしながら、考え、判断し、表現し続けようとするチカラ。

日能研のテストは〈知識・技術〉だけではなく、〈運用力〉や、〈私力〉をも評価できるテストになれば、という思いでつくっています。

「正解のない問い」と共に生きる、
今の子どもに必要な学び~「覚える」から「考える」へ~

今、私たちは新型コロナウイルスの拡大という、地球規模の問題を抱えています。これまでも、食糧危機、気候変動、労働問題など、数々の問題と向き合ってきましたが、まさにこれからやってくる未来は、先が見えない時代と言えるでしょう。
そんな予測不可能な時代を生きる未来の大人達(=いまの子ども達)は、
これからの未来をどのように歩んでいけばよいのでしょうか。

先が見えない時代、子ども達がつくる未来を豊かにできる方法はひとつ。
これからやってくる未来がどんな未来かを待つのではなく、
子ども達が未来を切り拓き、未来をつくり続けること。
そして身近な社会で、世界で、未来で活躍していくこと。

日能研は、考えます。
学びの中でこそ、未来を切り拓くチカラを育むことができる。
複雑な問題をすぐに解決することは難しくても、「問題と共にいられるチカラ」を自ら育てることはできる。「答えの定まっていない問いを自分ごととして考え続けるチカラ」を育てることはできる。
だから、テストも問われた知識を答えるだけのテストではなく、私の考えをつくって表現できるテストに。
「考えたい!」「表現したい!」があふれ出て、存分にアタマとココロを動かし、テストを学びの道具にできる。そんなテストを開発し続けています。
テストに取り組んでいる、その瞬間を “学んでいる瞬間” に。

テストのお申し込みはこちらから

実施要項はこちらからご覧ください。)