中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

浅野中学校

2015年08月掲載

浅野中学校の社会におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.知的好奇心を刺激し、いろいろな角度から物事を見られる力を養う

インタビュー3/3

学習したことと現実をリンクさせる社会科見学

麻生先生 体験を通じて生徒にいろいろなことに興味を持たせようと、「社会科見学(希望制)」を実施しています。高1は国立劇場での芸術鑑賞会の帰りに、近くの最高裁判所を見学しています。今年は例年より多く70名が参加しました。当日、生徒は興味を持って見学してくれました。

今年は参議院第二別館内にある裁判官弾劾裁判所も見学しました。弾劾裁判所については中3で習いますが、その場へ足を運んだことで「実感が伴った知識」になったと思います。現場に足を運んで、学習したことと現実がなるべくリンクするように工夫しています。

社会科/麻生 徹先生

社会科/麻生 徹先生

生徒の可能性を広げる『教養講座』

麻生先生 また社会科に限らず、生徒の知的好奇心を高め視野を広げようと、昨年から「教養講座」を始めました。複数学年を対象にし、学期に1度は必ず行うようにしています。
例えば、中1・中2を対象に、神奈川県埋蔵文化財センターから講師をお招きして考古学の世界を体験しました。本物の縄文土器片に触れながらの拓本作りに、生徒は夢中になって取り組んでいました。また、社会科の私と英語科の教員がタイアップして、高1・高2を対象に、「ハーバード白熱教室」で有名なマイケル・サンデル教授の著書を原書で読み、内容についてディスカッションを行いました。これは新設の図書館1階の多目的スペースで、大学のゼミのような形式で実施しました。今後も若手教員が中心になって様々な講座を企画していきたいと思っています。

知っていることにも別の一面がある

麻生先生 歴史の教員は、よく「この歴史上の出来事には別の見方がある」ということを取り上げています。知っていることでもあえて検証することで、物事を多角的に見られる力を身につけさせたいと思っています。最近いろいろな試みを行っているのは、「知っている」だけで終わらせず、多角的な視点を持たせるためでもあります。

歴史上の人物がどのように問題を解決したかということは、現代の政治を見る上でヒントにもなります。今の世界情勢のニュースを見聞きしたときに社会科で学んだことを思い出せるように、知識と現実がつながるように工夫しています。宗教を取り上げる際は、「イエスは○○と言った」「ブッダは××と言った」だけではおもしろくない。今のどんな問題とリンクするのか、あるいは、その発想が現代のどんな場面で活かせるかを考えさせています。

浅野中学校 校舎

浅野中学校 校舎

具体性から一般性が見えてくる

麻生先生 高校では「尊厳死」のような難しい問題を取り上げて、簡単なディスカッションを行うことがあります。討論では結論めいたものは出さないようにしていますが、賛成論、反対論にはそれぞれ普遍的な部分があることに気づかせるようにしています。具体的な社会現象を見ることで普遍的な思想が見えてきます。

尊厳死の法制化に危機感が持たれる一方で、法制化しようとするのは、何らかの必要性があるからです。何らかの統一基準を設けようとするのは人間の普遍的な行動の1つだと思います。そうした両者のせめぎ合いを生徒に見せられたらと思っています。

人の死のあり方は昔から議論されてきた人類普遍の、共通の問題です。現代の問題を現代に限定して考えると見解が浅くなってしまうので、私は日々の出来事がこれまでの大きな流れとつながっていることを意識して現代の話をしています。

浅野中学校

浅野中学校

『九転十起』の精神で、物事にしつこく取り組んでみよう

麻生先生 受験生には物事にじっくり取り組む姿勢を身につけてほしいですね。問題が難しいからすぐに解答を見たり、日常生活で頭を抱えるような問題にぶつかって「もういいや」と投げ出したりせずに、どうすればいいか粘り強く向き合ってほしいですね。そうした「しつこさ」は入試の本番でも生かされると思います。本校の校訓は「九転十起」です。間違えてもいいのです。「1度間違えてもあきらめずに取り組む」というつもりで粘り強くチャレンジしてほしいと思います。

インタビュー3/3

浅野中学校
浅野中学校1920(大正9)年、事業家・浅野總一郎によって創立。当初はアメリカのゲイリー・システムという勤労主義を導入し、学内に設けられた工場による科学技術教育と実用的な語学教育を特色とした。戦後間もなく中高一貫体制を確立し、1997(平成9)年に高校募集を停止。難関大学合格者が多い進学校として知られているだけでなく、「人間教育のしっかりした男子校」としても高い評価を受けている。
「愛と和、九転十起」を校訓とし、自主独立の精神、義務と責任の自覚、高い品位と豊かな情操を具えた、心身ともに健康で、創造的な能力をもつ逞しい人間の育成に努めることを教育方針とする。校章は、浅野の頭文字で「一番・優秀」の象徴である「A」と、「栄誉・勝利」「幸運・誇り」の象徴である「月桂樹」から形作られており、「常に誇り高き勝利者たれ」という願いが込められている。
ベイブリッジを見下ろす高台にある約6万㎡の広大な敷地の半分は、「銅像山」と呼ばれる自然林で占められている。地下2階・地上5階建ての高校棟には、PC教室、120インチのビデオプロジェクターを備えた語学演習室などがある。2014(平成26)年には新体育館、新図書館が完成、2016(平成28)年にはグラウンドを全面人工芝化。
中高6年間一貫カリキュラムをとおして、大学受験に通用する学力を養成することが目標。授業を基本とした指導が徹底している。英語・数学・理科は中学2年までに中学校の学習範囲を修了。英語は週1時間の外国人教師によるオーラルコミュニケーションがある。数学では独自の教材やプリントが使われていて、中身の濃い授業が展開されている。中学3年・高校1年では「英数クラス」を各1クラス設置。高校2年からは進路志望別のクラスに分けて授業を行う。伝統的に理系志向が強く、理数系ではハイレベルな授業が展開されている。高度な授業展開の一方で、面倒見のよいことも大きな特徴。授業をしっかり理解させるために、補習・追試・夏期講習など行う。
「本校は『各駅停車』の学校です。大学受験行きの特急ではありません。」― これは学校からの受験生へのメッセージ。一歩ずつゆっくりと、しかし、確実に成長させるオーソドックスな指導方針が浅野イズム。
クラブ活動と学習を両立させる伝統があり、中学は98%の生徒がクラブに参加している。ボクシング、化学、囲碁、将棋、ディベートが全国レベル。ハンドボールやサッカーも活躍している。また、毎年9月に「打越祭」の名で、文化祭・体育祭が行われるなど、学校行事も盛んで、生徒一人ひとりが充実した学園生活を送っている。「銅像山」は、傾斜がかなりきつく、クロスカントリーや運動部の走り込みに使われるだけでなく、中学生たちの絶好の遊び場所となっている。職員室や各学年の担任控室をオープンにし、生徒との対話を重視するなど、メンタルケアにも力を入れている。