中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

シカクいアタマをマルくする。

タイトル一覧へ

解答と解説

2013年 開智中学校【理科】
日能研がこの問題を選んだ理由

身の回りの現象を題材に、学んだことと日常の結び付きをとらえます。感覚的にこうなるのではないかと思っていることを、改めて筋道を立ててとらえることで、新しい発見や疑問が生まれたりします。また、問題に取り組んだ後に、実際の現象を試してみたくなる面白さがあります。

このような理由から、日能研ではこの問題を□○シリーズに選ぶことに致しました。

日能研による解答と解説
[解答]
問1イ 問2変わらない。
[解説]

光が反射するとき、入射角と反射角は等しくなります。Aの位置の鏡にうつって見える範囲は、図1のように「鏡の上の端で反射してKくんの目に届く光(1)」と「鏡の下の端で反射してKくんの目に届く光(2)」の間の部分になります。このことから、Aの位置の鏡にうつる像は、イのようになります。また、鏡をBの位置まで平行に遠ざけていったときの、鏡にうつって見える範囲は、図2のように(3)と(4)の光の間の部分になるので、鏡にうつる顔の範囲は、Aの位置に鏡を置いたときと変わりません。

解説 図1

解説 図2

PageTop

© NICHINOKEN