シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

浅野中学校

2024年02月掲載

浅野中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.最低限やるべきことをやってほしい

インタビュー3/3

貴校の中学・高校の数学の授業の特徴や、生徒指導に関して日々思うことを教えてください。

圡門先生 単に覚えて何とかするという暗記の部分がないとは言わないですが、正負の数の計算や方程式などを解くのに計算問題ができないのは困りますし、また幾何の分野などでは証明を書いていかなければならない中、論理的な思考も身につけないといけません。高校になってからさらにいろんな分野で証明などを書くことは増えてきます。そうすると単に覚えるだけでは、その部分が弱いと、もうその先には進んでいけなくなってしまうので、本校では最低限やれることをきちんと生徒にはやらせた上で、次に考えさせることを繰り返し行っています。

代数・幾何分野でも微分積分でもそうですが、その基本がわからなかったら、その先に進めませんから、当然ある程度の基礎学力は必要です。たとえば、ある分野の難問と言われるような問題を解説しようとした場合、この単元の最初の授業でこの問題を扱っても誰もわからないわけで、「順番にこうやっていけば解けるよ」と段階を踏んで教えていく。それはおそらく全ての教員がやっていると思います。

生徒がきちんとやるべきことを最低限やって、その上で教員が一つずつ定理の証明や公式の意味を紐解いてあげることにより、生徒の思考の部分が強化されて、次の問題を解く思考のカギになっていく。その手助けを我々はずっと繰り返しているだけです。

数学は上下の差が付きやすい科目だと言われますが、最初の鍛える部分で嫌になってしまう子もいます。そうならないためにも、中学生のうちから教員がサポートしていくことで高二・高三で伸びてくれればいいなと思いながらやっています。ですから、宿題の量も多いですけれど、「それをやってくれないことにはどうしようもない」とは常日頃から言っています。

ある程度、鍛える部分は鍛えて、その上で思考力的な部分はどんどん付いてくることもありますし、「大変だから」「計算するのが面倒くさい」からとその手前でやめてほしくはないので、「できないとあとで困るよ」という話はよくしています。

あまり数学が得意でない生徒に対しての対応について、また苦労している点について教えてください。

圡門先生 教員にもよりますが、私は中間考査や期末考査で点数が取れなかった問題をもう一回追試として行ったりしますし、小テストを行っている教員もいます。あとは「問題集を必ずここまでやりなさい」とやらせたりすることもあります。それ以外に日々のプリントもあります。生徒もきついと思いますが、教員もかなりきついながらも頑張っています。

德山先生 本校は、クラスの人数が少ない学校ではありません。ですからひとりひとりの生徒に目が行き届かなくならないか…という点は心配な部分でもあります。そこで中三、高一になると全部の授業ではないものの、半分ぐらいの授業を二手に分けて展開しています。分級にすることで教員の負担が減りますから、そういった点で少し目が行き届きやすくなっているかと思います。

浅野中学校 PC教室

浅野中学校 PC教室

できる生徒に対処していくには教員側も勉強が必要

一方で、数学の能力が高い生徒もいると思います。そういう生徒へのフォローはどのようなことを行っているのでしょうか?

圡門先生 やる生徒はどんどんやるんです。そのような子たちに対しては難しい参考書を紹介してあげたり、数学オリンピック受けたいという子もいるので「受けてみたら?」と言っていますし、数学に関しては紙と鉛筆があればどこでもできるので「とにかくやってみろ」と言っています。

德山先生 入試ルールも変わってきています。小学生に「線分」を出していいかどうかもそうですし、教科書も内容が少しずつ変わってきているので、それに合わせて我々も勉強していかないといけません。頑張っている生徒は適格な質問をしてくるので、そのような質問ができる力も大事だと思います。一方で適格な質問ができない時に、何から手をつけていけばいいのか、自分で一生懸命考えてくれることは大事だと思っています。質問をしに来てくれるのは好ましいのですが、「よく読む力をつけなきゃいけないね」ということが明らかになった瞬間でもあります。問題文を一緒に確認したのち自分で勝手に解決して帰っていくなんて場合もあります。

浅野中学校 体育館

浅野中学校 体育館

数学は安心できる科目

最近私立文系も数学が必須になってきつつあるようなのですが、そのあたりで変化を感じることはありますか?

德山先生 私立文系に特化して理科や数学を軽くしたコース設定が我々の学校にはあるのですが、年々志望する生徒は減っています。少し前は高二に上がる段階からもあったのですが、すでにそれは取りやめており、高三生に上がる段階でのコースは存在しているものの今後どうなっていくかは未定です。

ただ数学は苦手という子はどうしてもいるので、好き嫌いで数学が嫌いな子の選択肢がなくなってしまうのもどうなのかなと。どっちもWin-Winにはならないので我々も辛いです。本来なら選択科目はみんなが自由に選べるのがいいのですけどね。

圡門先生 過去の生徒の中には、「数学をやると一番安心する」と答えた子もいます。それは答えが出るからだそうで、「他の教科の記述だと合っているかどうかわからないから安心できない」と言っていました。

科目によって文章問題などでは市販されている過去問題の答えも同じではないこともありますし、どれがベストアンサーかは問題によるところがあります。その点、数学は答えがあって、道筋が合っているか確認すればいいので、確かに安心できる科目かもしれません。

本を読むことで知識を増やせる

子どもが学校や塾で学ぶ以外の場で算数や数学へ興味を持たせられるよう、親が子供にしてあげられることや日常生活でしてみると良いことはありますか?

圡門先生 たとえば、車のナンバー4桁を足したり引いたりして10にするなどは簡単にできるのでおすすめです。また、本当に知識レベルを上げたいと思うのであれば本を読むことがいいと思います。本を読む際には算数に限らずさまざまな本に触れることで知識の幅は広がります。

德山先生 今の子たちは本を読まない傾向が強いです。その中で本が好きでたくさん読んでいる子が以前に比べると際立ってるように感じます。本校にも立派な図書館がありますので、入学してもらえれば満足できる体制が整っています。

何事も「なぜなんだろう?」と考えることはとても大事です。ただし、その説明ができないからといってそれを使わないわけにはいきません。道具は道具として使っていくことも大切だと思います。たとえばはさみの使い方について、「なぜはさみでモノが切れるのか?」ということをきちんと分かって使っている人はそれほど多くはないはずです。でもわかったようなつもりになって不自由なく使っています。そういう部分に目を向けていくと、同じ延長線上に「刃物でどうすればモノが切れるのか?」といった疑問との関係性も出てきますし、学びに広がりが生まれてきます。物事の理由を考えるという視点は大事ですね。

とはいえ、本校に入学する子がすべて「なぜ?」って考えているわけではありませんし、なんとなく過ごすような居場所もあれば自分の好きなことに没頭できるところもあって、割といろいろな子が学校生活を楽しめる土壌は整っています。

最後に浅野中学校を目指す受験生に何かメッセージをいただけますでしょうか?

圡門先生 本校は文武両道や九転十起を謳っていますので、その校風に合った子に来てもらえるのが一番ありがたいですね。算数の立場からすると「入試問題は難しい」とは言われますが、決して奇をてらったものを出題しているわけではありません。

基本的な計算力や考え方など、こつこつと継続してやっていくことが結果として合格に結びつくと思いますので、ぜひ目標に向かって頑張ってもらいたいと思います。

浅野中学校 図書館

浅野中学校 図書館

インタビュー3/3

浅野中学校
浅野中学校1920(大正9)年、事業家・浅野總一郎によって創立。当初はアメリカのゲイリー・システムという勤労主義を導入し、学内に設けられた工場による科学技術教育と実用的な語学教育を特色とした。戦後間もなく中高一貫体制を確立し、1997(平成9)年に高校からの募集を停止。難関大学合格者が多い進学校として知られているだけでなく、「人間教育のしっかりした男子校」としても高い評価を受けている。「九転十起・愛と和」を校訓とし、自主独立の精神、義務と責任の自覚、高い品位と豊かな情操を具えた、心身ともに健康で、創造的な能力をもつ逞しい人間の育成に努めることを教育方針とする。校章は、浅野の頭文字で「一番・優秀」の象徴である「A」と「勝利の冠」である「月桂樹」から形作られており「若者の前途を祝福する」意味が込められている。
横浜港を見下ろす高台にある約6万平方メートルの広大な敷地の約半分を「銅像山」と呼ばれる自然林が占めている。Wi-Fi環境が整い、中学入学後に購入するChromebookで授業や行事、部活動を展開している。2014(平成26)年には新図書館(清話書林)、新体育館(打越アリーナ)が完成、2016(平成28)年にはグラウンドを全面人工芝とし、施設面が充実している。
中高6年間一貫カリキュラムを通して、大学受験に対応する学力を養成することが目標。授業を基本とした指導が徹底している。中学の英語では週6時間の授業に加えて、毎週ネイティブスピーカーによるオーラルコミュニケーションの授業もある。数学では独自の教材やプリントが使われていて、中身の濃い授業が展開されている。高校2年から文系・理系のクラスに、高校3年では志望校別のクラスに分けてそれぞれの目標に向けた授業を行う。進路選択は本人の希望によるが、理系を選択する生徒の方が多くなる傾向がある。全体的にハイレベルな授業が展開されているが、高度な授業展開の一方で、面倒見のよいことも大きな特徴。授業をしっかり理解させるために、宿題・小テスト・補習・追試・夏期講習などを行い、授業担当者が細かく目を配っている。一歩ずつゆっくりと、しかし、確実に成長させるオーソドックスな指導方針が浅野イズム。
「大切なものをみつけよう」ーこれは学校から受験生へのメッセージ。生徒にとって学校は、一日の内の多くの時間を過ごす場所。勉学に励むことはもちろん、部活動や学校行事にも積極的に参加して、その中で楽しいこと、嬉しいこと、悔しいことや失敗をすることも含めて多くのことを経験してもらいたいと考えている。学校でのそのような経験が、学ぶことの意味、みんなで協力することの大切さと素晴らしさ、生涯、続いていくような友人関係、そして、決して諦めない強い心を育んでいくことになる。浅野中学校、高等学校という場を思う存分活用して、人生において大切なものをたくさん見つけ、成長してほしいとの願いが込められている。
部活動と学習を両立させる伝統があり、運動部の引退は高校3年5~6月の総合体育大会、野球部は甲子園予選までやり通す。中学では98%の生徒が部活動に参加している。ボクシング、化学、生物、囲碁、将棋、ディベート、演劇が全国レベル。柔道、ハンドボールやサッカーも活躍している。また、5月の体育祭と9月の文化祭を「打越祭」として生徒実行委員が主体となって運営する。これをはじめ、学校行事も盛んで生徒一人ひとりが充実した学園生活を送っている。
「銅像山」は、傾斜がかなりきつく、クロスカントリーコースとして運動部の走り込みに使われるだけでなく、中学生たちの絶好の遊び場所となっている。また、各学年のフロアに職員室を配置してオープンにすることで、生徒と学年担当の先生が日常的に対話を行っている。こうしたメンタルケアにも力を入れている。