シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

浅野中学校

2024年02月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

浅野中学校の数学科が求めているチカラとは?

浅野中学校/先生
1質問の意図をしっかり汲み取るチカラ

受験勉強の算数においては、学校や塾で「この公式を覚えておこう」と言われたからと意味を考えずただ覚えておけばいいと思っている子は多いです。やみくもに覚えるのではなく、「どうしてこう解くのだろう?」ときちんと考えて、質問の意図をしっかり汲み取ってほしいと思います。

2文章を論理的に読み進めるチカラ

本校はこの数年で算数の入試を難しくしたこともあり「浅野の算数は難しい」とどこに行っても言われます。しかし、この問題は論理的に読み進められればきちんと答えられる問題です。逆にこの問題を見て難しいと感じるようだと入試を突破することが厳しい、と思えるタイプの問題かもしれません。

3自分が点を取れる問題を瞬時に見抜くチカラ

一般的に算数の入試問題は大問の前半から後半に向けて難易度が上がっていきます。しかし、後半部分でも得意な問題なら解ける可能性は高いですし、前半に苦手な分野の問題が出題されて時間をロスしてしまうこともあります。まずは全体を俯瞰し、点数が取れる問題を見つけて確実にこなしていくのが受験に勝つためのコツです。