シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

駒場東邦中学校

2023年12月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

駒場東邦中学校の社会科が求めているチカラとは?

駒場東邦中学校/先生
1今の世界情勢と向き合うチカラ

2023年度入試は、ロシアのウクライナ侵攻について触れないわけにはいかない、というのが出発点でした。解決が難しい問題だからこそ、未来を担う小学生がどのように考えるか突っ込んで聞いてみようと思い、この問題を作りました。異国の出来事であっても私たちの生活に何らかの影響があります。物事を「自分ごと化」できるようであってほしいと思います。

2資料を読み取り思考するチカラ

本校の入試問題のほとんどが何かしら資料を提示しています。この問題は「表から読みとれること」を聞いていますから、正解するには情報を読み取る力が必要です。表にある「両国の選択とその結果」から読み取ったことを根拠に、論理的に考える思考力が試されます。

3小学校で習う基礎知識の習得

こちらは小学校の教科書で学べる「基礎知識はある」前提で作問しています。その上で、持っている知識をどれだけ活用できるかを試します。ですから小学校で習う基本的な知識はしっかり身につけましょう。単に用語を覚えるのではなく、それが意味することも理解して「使える」状態にしましょう。