シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

富士見中学校

2023年12月掲載

富士見中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.問題に立ち向かい、解けた時に感じる算数の楽しさを感じてほしい

インタビュー3/3

4年前から算数1科の入試を導入

算数1科の入試を実施していると思います。やはりその入試で突破した生徒さんが、数学をリードしている印象ですか。

中野先生 算数1科の入試を始めて4年になります。今の段階では1科入試で合格した生徒が数学のリーダーになりがち、という傾向は特に見られません。ただ、その生徒たちが高校生になって、抽象的な数学を学ぶようになった時にどう伸びるか。それはこれからなので、注目しています。

先ほど、先生により教え方が異なるということでしたが、生徒さんの受け止め方で感じる部分があれば教えてください。

中野先生 最低限のベースとなるところは、その学年を担当する教員で共有していると思います。ただ、授業の進め方や解法などについては、それぞれの教員のアレンジがあり、そこは結構自由にしていると思います。
以前は授業見学を行っていました。2022年度は、学期末に教科会(週1回)の中で授業や教員によるグループ活動の成果報告などを話して、共有しました。

富士見中学校 センターホール

富士見中学校 センターホール

失敗をしても自分でリカバーできる女性になってほしい

先生方は生徒さんにどのような大人になってほしいと思っていますか。

中野先生 私は、失敗しても、その失敗を自分でリカバーできる女性になってほしいと思っています。算数や数学で答えを間違えてしまっても、「どうしてうまくいかなかったのだろう」「これを変えたらうまくいくかな」などと自分の解法を振り返って、考え直して、ゴールにたどりつける女性になってほしいです。

そのために工夫していることはありますか。

中野先生 中学1年生の最初の授業で、「間違えない人はいない」「間違えても問題ない」ということを伝えています。誰かが間違えたことは、他の誰かも間違えています。授業で間違えてくれれば、なぜ間違えたのか、をみんなで考えることができるので、良い間違いをしてくれるとありがたいです。

よく、高校生になると反応が薄い、という話を聞きますが、貴校ではいかがですか。

栗谷先生 たしかに中1は問題を板書して、質問すると、多くの生徒が答えてくれますが、学年が上がるにつれて反応は薄くなります。

中野先生 そうですね。質問をしに来る生徒はたくさんいますが、教室での発言は少なくなる傾向はありますね。

栗谷先生 授業の中で質問してくれる生徒がいると、進展させやすいですよね。誰も発言してくれなくなると一方的な授業になりがちになるので、そういう雰囲気を感じたらグループワークを取り入れて、わからないことを出し合って解決していくということをしています。生徒同士で話してもわからないところがあれば、こちらに質問をしてくるという流れをつくれるように意識しています。

富士見中学校 和室

富士見中学校 和室

数学力は物事の本質をとらえる力につながる

栗谷先生は生徒さんにどのような女性に育ってほしいと思っていますか。

栗谷先生 社会問題にしても、身近な現実的な問題にしても、本質をとらえることが大切です。私は、数学の問題を解くのと同じイメージを持っていて、数学の力をもって問題や課題に臨めば、本質をとらえることができるのではないかと考えています。そのためには数学が得意とまではいかなくても、好きであってほしいのです。

なるほど。数学は本質をとらえる学問ということですね。

栗谷先生 今日の授業では「平方数の和」がテーマでした。1の2乗+2の2乗+3の2乗+4の2乗+5の2乗はいくつになるか、ということを学習したのですが、少し工夫をするとおもしろい計算ができます。そうした具体的なところから、1からnまでにしたらどうなるか、というように一般化していくと、かなり本質的な部分をつかむことになるのではないかと思います。
数学を学習しながらそんなことを思っている人はなかなかいないと思います。思わなくてもいいと思うのですが、社会へ出た時に、こういう本質的なところを見るということを考えて意識できればいいと思います。
数学の定理は何百年、何千年、という月日をかけて明らかになってきたものなので、それをすんなり受け入れることができる人はほとんどいません。腑に落ちるまでに時間がかかっても普通だと思いますので、それでいいのかなと思っています。

あきらめないことが一番大切

小学生が算数を学ぶ上でのアドバイスをお願いできますか。

中野先生 問題を解いていて、間違えた時に、そこであきらめないことが一番大切だと思います。誰もが間違えるので、間違えたことを気にする必要はありません。そこからが重要で、(1)解説などを読んで理解する、(2)もう少し簡単なレベルの同じような問題を解いてみる、(3)誰かに教えてもらいながら一つひとつ納得する、など自分に合う方法で、あきらめずに立ち向かってほしいです。そうすると、問題が解けた時に少し楽しさを感じるのではないかなと思います。

栗谷先生 できる喜び、気づく喜び、というのを味わってほしいです。それができれば算数をそんなに嫌いにならないのではないかと思います。ですから、周囲の大人はできた時にしっかりほめてあげる、あるいは算数ができる喜び、気づく喜びを味わえるように促してあげてほしいです。

中野先生 1つの公式は、1つのことにだけ使える訳ではありません。いろいろなものに使えて便利なので、それを楽しんでほしいです。

栗谷先生 中学受験に向けた学習は、受験だけではなく、入学後にももちろん使えます。数列などは中学受験のほうが難しいかもしれません。「等差数列」などは皆、知っていますから、授業をしていて「教えることは何もない」と感じる時もあります。「1から100まで足しなさい」と言えば、足し算の仕方を説明してくれます。そういうことができるのは中学受験を乗り越えてきたからだと思います。今、学んでいる算数が先につながる、という気持ちをもって学べば、頑張る力が湧いてくるのではないでしょうか。

富士見中学校 校舎内

富士見中学校 校舎内

インタビュー3/3

富士見中学校
富士見中学校1924(大正13)年に富士見高等女学校として発足。40(昭和15)年に財団法人山崎学園が経営を引き継ぎ、47(昭和22)年に富士見中学校、48(昭和23)年に高等学校を設立。山崎学園は、山種グループの総帥・山崎種二(初代理事長)が教育事業に進出するために設立。
「純真・勤勉・着実」を建学の精神とし、「良識ある判断力、自主・自律の精神、協調・連帯の精神」を持つ国際的な現代女性の育成を目指している。大学現役合格を目指す進学校として、基本は勉強に置くが、進学実績だけでなく生徒の個性と可能性を伸ばすことを重視し、一人ひとりの生徒を大切にする。教育=人間として、生徒と教師の信頼関係も厚く、自由でのびのびとした雰囲気がある。休み時間や放課後では、いたる所で生徒が質問している姿が見られる。
駅から徒歩数分の環境にある。現在の校地には、中高校舎、体育館のほか地下温水プール、高3自習室、学習ホールなどを備えた50周年記念館、550名収容の山崎記念講堂、百人一首なども行われる茶室・和室などがある。各教室は冷暖房完備で校内はすべて無線LANになっている。探究学習に適した図書館 ”Learning Hub”(略してL-Hub/エルハブ)は別棟となっている。また校内には様々な絵画・彫刻が飾られ、情操教育に役立っている。
6年後を見据え、学校の勉強だけで希望大学へ進学できるように組まれているカリキュラム。高1までは全教科を幅広く学習。教科によって学習速度を早めた先取り授業を行い、中3で高校課程に入る数学、英語は2クラス3分割の習熟度別授業を行う。また、中3では、調べ学習の集大成として卒業研究をまとめる。授業では各教科の先生によるオリジナルのテキストを使用。あえて特進コースを作らず、高校は文系・理系の2コース制で、国公立大学・難関大学にも対応。さらに、選択制による授業に加え、放課後や夏期・冬期の講習、朝に行う週1回の英語、国語の小テスト、放課後の英会話講座、予習・復習のサポートなどバックアップ体制も充実。
自主性が重んじられ、校則は常識的な範囲。生徒会活動やクラブ活動が活発。中1のクラブ活動参加率は100%以上。また、全ての教員がクラブ顧問を務めている。ダンス部は全国大会などで活躍。フットサル部もある。
中1では学びに向き合う姿勢を育み、中学では保護者や社会人OGによる講演、中2~高校では大学の各学部の教授の講義を体験する「模擬授業ウィーク」なども行う。他にも、文化祭、スキー教室、また山崎記念講堂で狂言、京劇、音楽などの鑑賞会、合唱大会などがある。体育祭での高3の創作ダンス「扇の舞」は圧巻。教師や生徒同士の協力のなかで、交流を深め、体を鍛えることに役立っている。高1の希望者には、夏休みにアメリカとオーストラリアでのホームスティがあるほかに、ニュージーランド・オーストラリアへの短期留学・長期留学、台湾への教育旅行、ヴェトナムへのグローカルリーダー研修などがある。中学の制服はセーラー服、高校の制服はブレザー。2021年度より中高共にスラックスも導入。