シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

淑徳与野中学校

2023年09月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

淑徳与野中学校の国語科が求めているチカラとは?

淑徳与野中学校/先生
1与えられた情報をきちんと読み取れるチカラ

書いてあること、与えられた情報をしっかり読み取ること、問い自体の内容も読解力が必要だということは説明会でもお伝えしていますが、問い自体が何を求めているかを把握し、それに必要な材料を自分の言葉にして採点者に伝わるように表現していけるようなチカラを受験生には求めています。

2逆説的にものごとを考えられるチカラ

世の中で「これが正しい」「多数派だ」というものに巻き込まれないで、「何でこれが多数派になっているのか」「なんでこの意見が支持されやすいのか」を考え、一般論を超える力を持ってほしいと思っています。まじめでいい子ほど、常識のトラップにはまりやすいこともあります。入学段階から批評的精神が持てる子はそんなにいないものの、本校で鍛えればしっかりと変わっていきます。

3常識を疑うチカラ

たとえば、「社会問題についてあなたなりの考えを書きなさい」という問題があった場合、世間一般でいいよねと言っていることだけではなく、それについて『世間ではこう言われているけれど』を前提として、それをひっくり返すぐらいの考えを持つことも大切です。そのような常識を疑うチカラを身に付けていってほしいです。