シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

大宮開成中学校

2023年04月掲載

大宮開成中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.5つの要点をまんべんなく試す

インタビュー2/3

後半の大問の(1)は確実に得点したい

松田先生 本校は、入試問題の要点として、「基礎知識」「計算力」「図形処理能力」「読解力」「論理的思考力」の5つを挙げ、これらを大問1~7でまんべんなく試す問題を出題しています。
大問1~3はしっかり得点してほしいところです。仕事算になると正答率が下がる傾向はあるものの、正答率は概ね高めです。大問4~7の構成は、(1)は点数を取りやすい問題、(2)は取りにくい難しい問題になっています。確実に得点するために、(1)は苦手な分野であっても取り組むようにしましょう。
文章量は意識して少しずつ増やしており、大問6・7は文章量が多めです。図形問題では図形を提示せず、文章を読み取って考える問題を出すこともあります。

数学科/松田 昌志先生

数学科/松田 昌志先生

計算力は正確さとスピードを身につけよう

問題形式や答案用紙を見ると、正解にたどり着ける「計算力」を重視されているように思います。

松田先生 答案用紙は解答のみの記載です。したがって「惜しい」という解答はなく、○か×ですから、正確な計算力を常に求めています。
併せて、処理能力も大切だと思っています。正確さだけでなくスピードも磨いてほしいですね。膨大な作業を手早くこなせるかどうかは大学入試でも問われています。正確さが身についたら、スピードも求めてほしいと思います。計算力の“基礎体力”が備われば、問題の対応力も上がると思います。

大宮開成中学校 図書館

大宮開成中学校 図書館

まぎらわしい数字は正解にできないことも

受験生の答案を見て、何か気になることはありますか。

松田先生 もう少し、数字を丁寧に書いてほしいなと思います。例えば、「0」と「6」を中途半端に書く受験生が毎年一定数います。紛らわしい数字としては「1」と「7」も多いですね。「1」のツノが大きすぎて、「7」なのかどうか採点していて迷います。
限られた時間で解いているので慌てているのでしょう、受験生の気持ちがわからないでもないですが、判別できない数字は正解にはできません。点数は公表していますが、入学した生徒に聞いて「思ったより点数が低かった」というのは、そうした理由もあるのかなと思います。
入学後はそうしたところも指導しています。当たり前のことがきちんとできていないと点数に結びつきませんし、早い段階で直さないとクセになってしまいます。方程式の文字の書き方、例えば、小文字の「b」は筆記体で書かないと数字の「6」と見分けがつきにくいなど、中1の早い段階から指導しつつ、小テストなどでチェックしています。

大宮開成中学校 自習室

大宮開成中学校 自習室

2024年度入試は問題数を減らす予定

松田先生 現在、算数の入試問題は50分で20の小問数を出しています。全問解くには正直厳しいと思っています。
そこで、2024年度入試は問題数を少なくする予定です。「考える問題」にこれまで以上にしっかり取り組んでもらえるように、時間をかけられるようにするのがねらいです。併せて、文章量は従来よりも増えるでしょう。具体的なことはこれからですが、解き甲斐がある問題が増える可能性はあると言えます。

インタビュー2/3

大宮開成中学校
大宮開成中学校1942年設立された大宮洋裁女学校が創設し、7年後に大宮開成高等学校が設立された。中高一貫部が開校したのは2005年。大宮駅からバスで7分、徒歩19分のところに位置する。2016年の新図書館につづき、2018年、新体育館が完成した。
校訓「愛・知・和」のもと、「調和の取れた人間教育」を実践している。中学からの生徒は「英数特科コース」で、中高6年間を見通したカリキュラムで学ぶ。第1ステージ(中1・中2)基礎学力の完成、第2ステージ(中3・高1)では進路意識の確立、第3ステージ(高2・高3)では現役合格力の完成を目指す。
クラスに応じて「アドバンスト演習」で応用力を養成、「スタンダード演習」で基礎力の定着を図る。英語は、中1から高1で「NEW TREASURE」を使う他、ネイティブの先生による英会話、中2はオンライン英会話も導入され、4技能をバランスよく育成する。
校内外行事としても、中2「奈良京都伝統文化研修」・中3「GVS」などで語学力・グローバル感覚を段階的に養い、高1の「オーストラリア海外研修」で集大成としている。任意参加で「短期ホームステイ」(中3~高2対象)、「3ケ月ターム留学」(高校生)なども用意されている。
4月の「フレッシュマンキャンプ・ジュニアキャンプ」は、高2・中1の合同行事で、高2が主体となって親睦を深める。クラブは中学は全員参加。高校でのアーチェリー・チアダンスや吹奏楽は、関東大会レベル・全国大会レベルである。中学段階は学校給食で、成長期に必要な栄養バランスを満たしているのはもちろん、郷土や季節にちなんだメニューも用意され、好評である。