シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

香蘭女学校中等科

2022年12月掲載

香蘭女学校中等科の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.自分の頭で考え、行動しよう

インタビュー1/3

時には「それって本当?」と疑うことも大事

中島先生 本校はこれまでも環境問題をテーマにした問題を出しています。子どもたちに環境問題について自分なりに考えてもらおうというのがねらいです。
情報があふれる昨今、目の前の情報、すぐに取り出せた情報を鵜呑みにしてしまい、自分で考えずに行動してしまうケースが見受けられます。情報を無条件に受け入れるのではなく、幅広い視点、多様な視点で物事を見て、自分の頭で考えて行動してほしいという思いでこの問題を出題しました。

時には常識を疑ってかかることも必要です。知っていること、大人から聞いたこと、宣伝広告を、「それって本当?」と疑って考えたり調べたりできるといいですね。
普段から生徒には自分でしっかり考えて答えを出していこう、間違えてもいいから自分で考えて行動しようと呼びかけています。

理科主任/中島 薫先生

理科主任/中島 薫先生

燃料電池車は「環境にやさしい」は本当?

グラフを見ると、製造工程の二酸化炭素排出量は燃料電池車の方がガソリン車より多いというのは予想外でした。

中島先生 (問1)で、同じ距離を「走行」した場合、燃料電池車の方が環境に対する負荷が小さい理由を聞いています。グラフをよく見ると「すべて」環境負荷が小さいわけではないことに気づくと、(問2)の解答につながると思います。
燃料電池車は走行時に「二酸化炭素排出量ゼロ」という環境性能を発揮する一方、長く使っていかないと環境負荷が大きい可能性が残されていることは、見落としてはいけないところです。

データはどこを見るかでいろいろ解釈できる

グラフの素材製造に目を向けると、燃料電池車はガソリン車の2倍近く二酸化炭素を出しています。ここが次の排出量削減のターゲット、技術革新が必要なところかなと予想できます。

中島先生 このグラフを見ていろいろなことを考えてもらいたいですね。
燃料電池車や電気自動車で使われる燃料の水素や電気をつくる際に二酸化炭素を出していますし、十分に普及していないため燃料補充の設備コストが高いなど、解決しなければならない課題がまだ多くあります。この問題から視野を広げて、SDGsの12番目の目標「つくる責任・つかう責任」を意識してくれるといいですね。

香蘭女学校中等科 校舎

香蘭女学校中等科 校舎

設問の意図に沿って説明できたのは5割程度

出来具合はいかがでしたか。

中島先生 質問の意図に沿って説明できた解答は受験生の5割程度でしょうか。おおよそ想定どおりだったと思います。言葉足らずだけれど方向性は合っている解答も含めると、8割程度は質問を理解しているだろうと読み取ることができました。
問1の方がやや易しいかなと思いますが、(問1)と(問2)で出来具合に大きな差はありませんでした。
無答がある程度あったのは、この問題が全体の最後の問題だったことと、大問1に難しめの計算問題を出したことで時間が足りなくなってしまったためと思われます。

文章記述は相手を意識して書こう

中島先生 理科の文章記述問題については、受験生が自分の言葉でしっかりと伝えようとしているかどうかを見ています。採点は受験生の説明の意図をできるだけ汲み取るようにしていますが、読み手に依存した書き方や、どのようにでも読み取れる解答には点数をあげられません。例えば、主語がない文章は書き手の意図が分かりにくくなります。もう少し読み手を意識して書いてほしいなと思います。
解答欄は文章記述でも大きなスペースは取っていません。時折、小さな字で解答欄いっぱいに書く受験生もいますが、必要なことをコンパクトにまとめる力も求めています。
この問題は、情報の読み取りから表現まで、受験生のさまざまな力を測っています。全体の最後にこのような総合的な力を見る問題を出すことがあります。

香蘭女学校中等科 校門

香蘭女学校中等科 校門

インタビュー1/3

香蘭女学校中等科
166_香蘭女学校中等科香蘭女学校は、英国聖公会のE・ビカステス主教による聖ヒルダ・ミッションの信仰の証しとして、「女子の教育」のために建てられたミッションスクール。1888(明治21)年に創立して以来130有余年に渡り、本校はキリスト教の信仰に基づく全人的な関わりをもって女子を育てるという伝統を守り続けてきた。香蘭女学校の欧名St. Hilda’s Schoolは、守護聖人 聖ヒルダの名に因んでつけられた。ヒルダ祭、ヒルダ賞、聖ヒルダ記念館など、学校の大切な行事や建物の名称には守護聖人 聖ヒルダの名を冠している。
校門を入ると、アプローチの左右を囲むように築山があり、そこには多くの草木が生い茂り、季節を問わず1年を通して色とりどりの花々が咲き誇る。校舎は落ち着いた雰囲気で、レンガの校舎が木々の緑と見事に調和している。テニスコートのほか、陸上競技用のトラックとしても整備され、体育の授業や運動部の活動のみならず、朝や昼休みには生徒たちが元気に走り回っている。すべてのホームルーム教室には電子黒板が設置されており、効果的に使用されている。また、中等科1年生からiPadをBYOD(Bring Your Own Device)方式で1人1台持ち、授業やホームルーム活動などの他、自宅学習でも使用。ほとんどの教科でiPadが活用されている。
英語教育では、ネイティブの先生との授業、洋書多読、オンラインスピーキングなど、多様なアプローチにより抵抗なく話せるよう自信をつける。希望者が参加する英国やカナダ・プリンスエドワード島での研修では、語学と同時に環境問題・多民族社会・キャリアについて学ぶ機会を持つことで国際社会を生きる女性としての意識を高める。また、国内および校内での国際交流・異文化理解プログラムを始めており、2021年度はオンラインを活用し、中学生はオーストラリアとニュージーランドの学校との交流、高校生はアイルランドの語学学校や在日大使館と繋ぎ「女性のキャリア教育」について英語で学んだ。
SEED = Self-Enrichment EDucationは、2004年から実施のSE(Self-Enrichment)授業の主旨を引き継ぎつつ、内容を更に深化させたプログラムだ。SEEDには「種」という意味があり、香蘭女学校ならではの有形・無形の産物を活かした様々な取り組み(種まき)を通して学んだことが実を結び、一人ひとりが賜物を発見し、卒業後に「香蘭での6年間が自分の礎を形成した」と実感できるように、という願いも込められている。
22の文化部、8の運動部に加え、クワイヤー(聖歌隊)、園芸係があり、それぞれの興味関心にあわせて幅広い活動の中から選ぶことができる。他校ではあまり見かけないスケート部もある。部活動は任意だが、ほとんどの生徒が部活に所属し、活動を楽しみにしている。同じ目標のもと中高一緒に活動をし、自然とリーダーシップや協働する力が培われる。なお、香蘭女学校が日本の「ガールスカウト」発祥の地であり、伝統を受け継ぐガールスカウト部は東京第一団としてとして活動している。