シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

清泉女学院中学校

2022年11月掲載

清泉女学院中学校の社会におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.Aの立場だけでなく、Bの立場にも立って考えるということを意識しよう

インタビュー3/3

知識を習得するとともに思考力、表現力を磨こう

入試問題を通してどのような力を見たいと思っていますか。

山内先生 入学後に「発表」や「議論」を行います。言葉を知らずに表現はできませんから、基本的な知識を身につけることは大切です。また、身近なことに目を向けて、自分はどうとらえるのか、それはなぜか、ということを考えて、人に正しく伝えることができる思考力や表現力も持っていてほしいという気持ちがあります。

北宮先生 地理にはもう一人教員がいます。いつも2人で共有しているのは、生徒の読み取る力、比べる力、表現する力を伸ばそうということです。中1では地理を、中2で歴史、中3で公民を学ぶので、地理ではこの3つの力をつけることにより地歴公民を学ぶベースを作りたいと思っています。それは社会だけでなく、他の教科にも通じるのではないかと思います。資料を読んで書くというのが清泉の入試の特徴ですが、その「読む」と「書く」の間に「自分の頭の中で情報を比較する」ということが求められます。また、「比較する」の中にもAの立場、Bの立場がありますので、そういうところにも意識をもって考えてほしいと思っています。

今年の地理でも「アイガモ農法がなぜ食の安全につながるのか、説明しなさい」という問題を出しました。写真が1つしか出ていませんし、聞かれていることも1つですが、普通の農法(アイガモを入れない水田)とアイガモ農法(アイガモを入れた水田)を頭の中で比べてほしいのです。ベースになる知識はもちろん必要ですが、それができれば自ずと解答が導けると思います。

山内先生 批判する力も問うていきたいという思いがあります。今年の地理の「諸外国の国会議員における女性の割合の推移」から日本を示すグラフを答える問題も、日本の現状に対する批判的な視点の1つではないかと思います。

社会科主任/山内 雄矢先生

社会科主任/山内 雄矢先生

健全な批判力をつけてほしい、それが社会科の願い

北宮先生 清泉には大切にしている4つの教育の柱(プログラム)があります。その1つが先ほど山内が話していた「ライフオリエンテーションプログラム」です。4本柱なのでどれも大切ですが、この「ライフオリエンテーションプログラム」が清泉でのすべての学びにおいて根底にあるものです。その前提となるのはカトリックの学校らしい「自己受容」「他者受容」です。自分・相手・世界全体という3つの視点で物事を見ることを目的としています。

キリスト教の考え方では、自分を大事にしないと相手を大事にできません。また、「タレント」(自分が持っている力)はすでに神様からもらっているので、まず、自分の中にあるタレントを見つけて、それをどうすれば最も良い形で社会に活かしていけるかを探していく。それが「ライフオリエンテーションプログラム」のテーマになっています。
そのプログラムでは、バックボーンが異なる相手をいかに受容しつつ、自分の意見も正しく伝えられるか、ということが重要になります。それをカトリックの学校では「意見の共有」と言わずに「分かち合い」と言います。教科の授業ではあまり使いませんが、職員間ではよく耳にします。「ライフオリエンテーションプログラム」でも必ず「分かち合い」をします。

「話し合い」と「分かち合い」の違いは、自分との違いを認めてどんなに「あれっ?」と思ってもまずは受け止めてみること。それが一番のルールとして教職員にも生徒にも根付いています。だからか、それがお叱りであっても相手の話をさえぎらずに最後まできちんと聞く人が多いです。「否定」と「批判」は違います。健全な批判力を身につけた生徒というのが社会科の育てたい人物像です。

清泉女学院中学校 図書館

清泉女学院中学校 図書館

公民では批判する精神が十分に発揮されている

野村先生 生徒は全般的に穏やかですよね。社会では皆が最後まで話を聞いて受け止めてくれるわけではないので、最初のうちは苦労するかもしれないけれど…。でも素地としては望ましい状態だと思います。

山内先生 社会科は社会で実際に起きている問題の是非をさまざまな視点に立って扱える教科なので、批判する力を養う授業にやりがいを感じています。

批判をすることに難しさを感じる生徒さんもいると思うのですが、その点はいかがですか。

野村先生 授業では比較的問題なく批判する精神は発揮されていると思います。むしろクラス内で何かを決める時のほうが、遠慮したり、後々の人間関係にとらわれたりするようです。本校の場合は中1、中2の頃から自分で考え、人に伝える素地が備わるので抵抗感はないと思いますし、授業中に意見が割れても、休み時間になればなんでもなかった状態に戻れます。ですからあまり心配はしていません。

もちろんはじめは「批判的な観点をもてない」という生徒もいます。しかし、クラスの中に数人、高校生でこんなものの見方ができるんだ、と驚かされるような子がいます。そういう生徒が刺激を与えてくれるので、批判的なものの見方が苦手な生徒も少しずつ変わっていきます。4月の時点でうまくできなくても、年が明けて2月、3月あたりになると、当初よりも深い議論ができるようになります。

何事にも興味をもってほしい

最後に、小学生に向けてメッセージをお願いします。

野村先生 受験勉強以外にも知的な刺激があると、結果的に受験勉強に強くなると思います。

山内先生 他者との対話や、人間関係を大切にしてほしいです。また、何事にも興味をもってほしいですね。「得意ではないから」と切り捨てるのではなく、「何か自分なりに得られるものがあるかもしれない」という前向きな気持ちで取り組んでほしいです。

北宮先生 そうですね。「得意じゃないから」「自分には関係ないから」と、思わないでほしいです。それは社会科を超えて考えると「無関心」ということになります。ですから、自分事としてほしい、せめて無関心でいないでほしい、と思います。

また、大人に「あっちへ行ってみる?」と言われて動くのではなくて、自分が見てみたいから「行って来てもいい?」と言えるようになってほしいと思っています。本校では英検や世界遺産検定などを受けるのも任意で、強制的に受けさせません。それは自分で選んでほしいからです。選んだら、全力で背中を押す、そういう学校なのです。私たち教員が受験生に望むことは、そういう前向きに考え自分で選択する勇気をもっていることです。

清泉女学院中学校 聖堂

清泉女学院中学校 聖堂

インタビュー3/3

清泉女学院中学校
清泉女学院中学校1877(明治10)年に創立の聖心侍女修道会(本部はローマ、世界20か国に44の姉妹校)により、1938年、前身の清泉寮学院創立。47年に横須賀に中学、翌年高校を設立。63年に現在地に移転し、2023(令和5)年に創立75周年を迎える。進学率のよさから「鎌倉一の女学校」の座を堅持している。
大船駅西側の丘陵地帯、栄光学園と谷ひとつ隔てた玉縄城跡に位置する。緑の芝生が美しい7万m2もある敷地には、観覧席がある体育館、2面の広いグラウンド、コンピュータ室、憩いのスペースのカフェテリアなどがあり、充実した施設・設備を完備。02年には修道院を改修した新校舎ラファエラ館が完成、美術室や音楽室、少人数授業対応の教室など設備が一新された。
「神の み前に 清く 正しく 愛深く」をモットーに、より良い社会をつくるために積極的に貢献する人の育成を目指している。ほかのカトリック校に比べると、「校則」や校内の雰囲気は驚くほど自由で、利益や結果よりも目に見えない精神的価値を大切に考える。
完全中高一貫を生かした独自のカリキュラム。大学受験を強く意識し、英語と数学は中1から習熟度別授業を実施。理科は実験・観察が重視され、社会では新聞・ニュース番組・映画など現実感のある教材を活用している。高2から文系・理系の2コース選択制になる。理系に数学演習などを設置したり、文系国公立大学受験者向けの授業(選択)を追加したりと、大学受験対策がより充実しさらなる飛躍を目指している。医療系にも強い。
入学後、5月に富士山麓で1泊2日のライフオリエンテーションキャンプが行われ、建学の精神と友人への親しみを養う。中2の夏休みのライフオリエンテーション、理科野外学習、清泉祭(文化祭)、体育祭、合唱祭、クリスマスミサなどの行事がある。ボランティア活動も盛んで、さまざまな福祉活動に参加。23あるクラブは参加率90%以上。なかでも、音楽部は全国大会で高く評価されており、2019年にはRIGA SINGS(1st International Choir Competition & Imants Kokars Choral Award)にて総合グランプリ(全団体中1位)を受賞。
生徒が主体となって活動する有志団体も多く、「清泉ピースプロジェクト」「AI(人工知能)倫理会議」など他校を招待して特色ある取り組みを行う。模擬国連大会に参加する生徒も多数おり、校内や他校での大会だけでなく、国際大会にも出場。