シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

富士見中学校

2022年09月掲載

富士見中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.出題形式は例年同じような形で構成

インタビュー2/3

次に問題の全体構成に関して御校のお考えを教えてください。

福田先生 [1]は基礎的な計算スキル、[2]は大問ほどではないものの、やや小問よりは長い問題を2つ(A/B)出題してあります。
最後の[3]、[4]というのはいわゆる大問という形です。構成としては、速さや立体、パズル的なものをまんべんなく散りばめているという感じです。

女の子は立体になると弱いと聞きますが?

福田先生 立体は正当率が下がりますね。回転体とか非常に慎重に作りますね。

斉藤先生 [1]の8番は必ず立体の問題を毎年出題します。ただ回転から体積を求めるものですが、本当に形を少し変えるだけで正答率はガラッと変わりますね。

福田先生 単純な回転体なら受験生は解きやすいのでしょうが、「欠ける」「加える」「くり抜く」という作業が増える回転体の問題だと正答率が下がります。欠ける、加える、くり抜くっていうのが一番下がります。

斉藤先生 だから、その1問だけでも結構会議で検討しますよ。

数学科/福田 修平先生

数学科/福田 修平先生

記述問題は「途中経過を見る」のと「考え方を見る」ことを目的に出題

記述の形式で問題を出す時に、何を見たいのかな?と言うのを伺えればと思います。また、先生方が問題を作っていらっしゃる時に、どの位子ども達に書いて欲しいと思っているのでしょうか?ぎっしり書くことを実は期待しているのか?実はそうじゃないんだ、とか教えていただければと思うのですが。

福田先生 これって毎年我々の中でも定期的に話題に上るもので、2つのベクトルがあると思っています。1つ目が「途中経過に対して」です。たとえば、「10」でした、「20」でした、よって和は「30」でした、とあったら、記述でないタイプのものは30だけ見て丸つけしますね。一方「10」は正解、ここ「20」なのに「35」になってしまった場合は、「20までは求まった」ところまでを点数とする、というような分割するっていう考え方の記述もありますよね。

2つ目は、数字うんぬんではなく、ここで出てきた値が◯とか□だといった部分を書かせます。小学生なので稚拙な文章ではありますが「考え方を見る」といった部分です。以上2つのベクトルがあって、「どっちなんだろう?」っていうのがあるんですが、どちらもできてほしいとは採点していながら思うところもありますね。

こちらの意図としては、自分の考えをたくさん書いてほしいです。だから、計算だけではなく考え方も、という言い回しをしています。

学校として「書く」という事を大事にされているのを、お話伺っていると感じます。中学入学後も、「書く」っていうとを実施しているのでしょうか?

斉藤先生 中学1年生に、「マイナス二分の一とマイナス三分の一、どちらが大きいですか?」という問いを出します。二択問題ではなく、自分の考えを書きます。こうした問いの答えをつかって、論理的にきちんと伝わるように書くための指導をしていきます。
苦手な生徒も結構いて、たとえば幾何だと、「点Aから直線Lに垂線AHを下ろす」みたいな状況があった時に、その状況を自分の言葉で説明できない。「点Aから直線Lに垂線AHを下ろす」という、そのフレーズが自分で書けなかったりするといったことがあります。数学に関しては独特な言葉使いもありますから。

富士見中学校 校舎内

富士見中学校 校舎内

生徒同士で書いたものを見せ合ったり説明をし合ったりすることも効果的

先生と子どもの対話でも学べるし、子ども同士の対話でも学べますね。

福田先生 私は授業で生徒同士の見せ合いをさせますが、すごく効果はありますね。まず、うまく書けた人はドヤ顔です。できない子は「へー、こうやって書くんだ」って学びます。先生が書くものってあまり興味を持たないんこともありますよね。だって先生だから当然、「正解」しか書かないし、好奇心がわかないことも少なくありません。でも、生徒同士だったから非常に効果あるのかなと思います。

あとは説明のし合いっこ、とかですね。新しい概念に入ると、数学は必ず定義がありますよね。たとえば、\(\sqrt{2}\)とか。で\(\sqrt{2}\)の授業を50分やって、3日位経ったのち2回目の授業があるとします。以前は、先生が全般的に復習もやっていましたが、先生の発言は最小限にとどめて、生徒に「\(\sqrt{}\)の復習をするよ。\(\sqrt{4}\)はいくつかな?」と聞いてしまえばいいのです。「\(\sqrt{2}\)って何?」って黒板に書いて、前から奇数行目の人が先生役、偶数行目は生徒役といった具合に役割を決めます。「1分あげるから、よーいスタート」で奇数行目の人が後ろ向いて、「\(\sqrt{2}\)っていうのは二乗して…」「え?違わないそれ」とか、「2を2乗したもので…」「それ逆じゃない?」とか、そういうやり取りをして教え合いっこするわけです。たった1分でできる復習ですが、こちらとしても労力は減ります。先生方が、いろいろな手法をそれぞれ行っているようです。

説明し合うって、実際のところどうですか?

斉藤先生 時々生徒には、練習問題を解かせてそろそろ答え合わせしようか、ってなった時に「先生待ってください。自分たちで考えたいです。」といった感じで言われることがあります。授業で生徒自身が、「自分で学びたい」という発言が増えてきたなという感じはしていますね。

富士見中学校 掲示物

富士見中学校 掲示物

インタビュー2/3

富士見中学校
富士見中学校1924(大正13)年に富士見高等女学校として発足。40(昭和15)年に財団法人山崎学園が経営を引き継ぎ、47(昭和22)年に富士見中学校、48(昭和23)年に高等学校を設立。山崎学園は、山種グループの総帥・山崎種二(初代理事長)が教育事業に進出するために設立。
「純真・勤勉・着実」を建学の精神とし、「良識ある判断力、自主・自律の精神、協調・連帯の精神」を持つ国際的な現代女性の育成を目指している。大学現役合格を目指す進学校として、基本は勉強に置くが、進学実績だけでなく生徒の個性と可能性を伸ばすことを重視し、一人ひとりの生徒を大切にする。教育=人間として、生徒と教師の信頼関係も厚く、自由でのびのびとした雰囲気がある。休み時間や放課後では、いたる所で生徒が質問している姿が見られる。
駅から徒歩数分の環境にある。現在の校地には、中高校舎、体育館のほか地下温水プール、高3自習室、学習ホールなどを備えた50周年記念館、550名収容の山崎記念講堂、百人一首なども行われる茶室・和室などがある。各教室は冷暖房完備で校内はすべて無線LANになっている。探究学習に適した図書館 ”Learning Hub”(略してL-Hub/エルハブ)は別棟となっている。また校内には様々な絵画・彫刻が飾られ、情操教育に役立っている。
6年後を見据え、学校の勉強だけで希望大学へ進学できるように組まれているカリキュラム。高1までは全教科を幅広く学習。教科によって学習速度を早めた先取り授業を行い、中3で高校課程に入る数学、英語は2クラス3分割の習熟度別授業を行う。また、中3では、調べ学習の集大成として卒業研究をまとめる。授業では各教科の先生によるオリジナルのテキストを使用。あえて特進コースを作らず、高校は文系・理系の2コース制で、国公立大学・難関大学にも対応。さらに、選択制による授業に加え、放課後や夏期・冬期の講習、朝に行う週1回の英語、国語の小テスト、放課後の英会話講座、予習・復習のサポートなどバックアップ体制も充実。
自主性が重んじられ、校則は常識的な範囲。生徒会活動やクラブ活動が活発。中1のクラブ活動参加率は100%以上。また、全ての教員がクラブ顧問を務めている。ダンス部は全国大会などで活躍。フットサル部もある。
中1では学びに向き合う姿勢を育み、中学では保護者や社会人OGによる講演、中2~高校では大学の各学部の教授の講義を体験する「模擬授業ウィーク」なども行う。他にも、文化祭、スキー教室、また山崎記念講堂で狂言、京劇、音楽などの鑑賞会、合唱大会などがある。体育祭での高3の創作ダンス「扇の舞」は圧巻。教師や生徒同士の協力のなかで、交流を深め、体を鍛えることに役立っている。高1の希望者には、夏休みにアメリカとオーストラリアでのホームスティがあるほかに、ニュージーランド・オーストラリアへの短期留学・長期留学、台湾への教育旅行、ヴェトナムへのグローカルリーダー研修などがある。中学の制服はセーラー服、高校の制服はブレザー。2021年度より中高共にスラックスも導入。