シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

フェリス女学院中学校

2022年08月掲載

フェリス女学院中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.なんのために入試を行うのか。その疑問に相応する問題で力を問いたい

インタビュー2/3

言葉は文脈により解釈が変わる

素材文が長い印象があります。

先生 ケースバイケースですね。どこまで読めばわかるか、ということを考えて切り取っています。特に小説は論理的構成が取れている豊かな物語がたくさんあるのですが、時間内に解き終えることができるか、ということは念頭に置いています。

今年の大問1の問1は、傍線部の言葉が文章中で使われている意味としてふさわしいものを選択肢の中から選ぶ問題でした。文脈の中の言葉に意識を向けていないと、自分が思い込んでいる選択肢を選んでしまう問題ですよね。

先生 まさにそれが文脈を読む力です。言葉は文脈により意味が変わります。文脈をきちんと読み取るためには、ある程度の長さが必要です。短く切り取った文章では、本当のことがわからないかもしれないからです。この言葉を理解するためには、どれだけの部分を読まなければいけないのか、ということを常に意識して切り取る部分を考えています。決して長い文章を出そうと思っているわけではなく、結果的にそうなっているということです。どうすれば長くならないか、と悩むこともありますが、文脈を優先しています。
入学してからたくさん本を読むことになりますからね。入学後の学習に必要な力、という意味で出題しています。

フェリス女学院中学校 図書館

フェリス女学院中学校 図書館

大学入試でも重視される「文脈における言葉を解釈する力」

先生 最近、高3の授業で「大学入試は何のためにあるの?」「どんな力を見ていると思う?」などと投げかけて話し合うことがよくあります。そこで気づいたのが、大学入試問題は学んできたことを振り返るだけでなく、大学で研究する力が備わっているかを判別しているのではないか、ということです。研究する力とは素材から真理を引き出す力です。それをいろいろな教科で見ていると思うのです。

国語でいえば「文脈」が大きなポイントです。文脈により言葉が意味するものが変わるので、この文脈の中に置いた時に何が見えてくるのか。それを見つける力が必要になります。理系では「条件」や「環境」が「文脈」にあたるのではないでしょうか。例えば化学の実験をした時に、どういう環境でこのデータが出たのかを考えます。それは国語でいうところの文脈の中で言葉を解釈することと同じだと思います。つまり文系理系にかかわらず、大学入試でもそうした力がすごく問われていると考えられます。

良質な入試問題を解くことは、本質的な学問につながっていると強く思います。昔はよく「受験勉強と本当の学問は違う」などと言われていましたが、私は受験勉強を通して素材から真理を見つける「目」を育てたいと、強く思っています。入試問題は研究する力を見ているわけですから、受験勉強をする、入試問題を解くということは研究する力を研ぎ澄ましているということ。しっかりと向き合えば、大学で学問を学ぶ際にも通用する力が身につくと思います。

フェリス女学院中学校 模擬講義

フェリス女学院中学校 模擬講義

文学は論理。文学軽視には誤解がある

近年の国語教育では、文学的な文章が軽視されている印象があるのですが、どのようにお考えですか。

先生 それは文学が論理ではない、という誤解に基づいていますよね。文学国語と論理国語を分けてしまうのはそもそも間違いだと思います。文学的な文章を読むことは論理の訓練ですから、文理ともに文学を軽視できないと思います。文学を軽視するということは、文学は感性でしかない、と思っている人の誤解からきていると思います。

文豪と言われている人たちの文章、近代文学などを読むと本当に緻密ですよね。感性のまま、ありのままに書いているのではなく、すごく考えられて作られているなと感じます。構成、言葉選び、プロット、展開…すべてが緻密な計算のもとに成り立っている芸術作品です。だから、文学軽視には誤解があると思います。

中高時代に育てたい論理や感性

先生 古文でも同じことが言えます。例えば紫式部はものすごく計算して言葉を選んでいます。同じ完了の助動詞でも、「つ」と「ぬ」には微妙な違いがあります。紫式部はそこをきちんと書き分けています。例えば『源氏物語』の葵の巻の「車争ひ」の、六条の御息所が自分は身分を隠して来ているのにバレてしまった、というくだりでは「ぬ」を使っています。自然発生的な動作だからですよね。その後、自分はなぜこんなところに来てしまったのか、と後悔する場面があります。そこでは「つ」を使っています。要するに自分の意志を後悔しているわけですよね。作者は綿密に使い分けています。古文はそうしたロジックを読み取る学問です。漢文はもっとロジカルですよね。そこが理解されていないから、入試の季節になると古文はいらない、漢文はいらない、という話が出るのでしょう。今、私が恐れているのは、学習の実利主義的傾向です。実生活ですぐに役に立つものがいいものであると考える傾向を非常に恐れています。目先の役に立たなくても、ロジックや感性をきちんと育てていくということは人間として大切なことだと思います。

フェリス女学院中学校 フェリス祭

フェリス女学院中学校 フェリス祭

インタビュー2/3

フェリス女学院中学校
フェリス女学院中学校フェリス女学院の教育理念“For Others”は、誰か特定の人によって提案されたものではなく、関東大震災後に、誰が言い出すともなくキャンパスに自ずとかもし出され、フェリス女学院のモットーとして自然に定着したものだということです。フェリス女学院では、“For Others”という聖書の教えのもと、「キリスト教信仰」・「学問の尊重」・「まことの自由の追求」を大切にしています。そして、生徒一人ひとりが、6年間の一貫教育を通して、しなやかな心を育み、つねに与えることができる、“For Others”の精神を持った者へと成長することをめざしています。校章には、盾に創設時の校名Ferris SeminaryのFとSの二文字がデザインされています。盾は外部の嵐から守る信仰の力を表し(「エフェソの信徒への手紙」6章16節)、白・黄・赤の三色は信仰、希望、愛(「コリントの信徒への手紙一」13章13節)を表しています。
外国人墓地や歴史的な建造物の多い異国情緒あふれる地域にある、落ち着いた雰囲気の学校です。創立者メアリー・E・ギターがこの地に開学して以来の歴史が、校舎を包む木々などから感じられます。2000年の創立130周年において新校舎建築となり、2014年には新体育館、2015年夏には新2号館が完成しました。中高の図書館には、図書・視聴覚資料・雑誌・新聞などの94,000点を超える資料があります。授業の課題制作や調べものや自習のほか、昼休みや放課後にも多くの生徒が利用しています。書庫は開架式で、図書を手に取って自由に選ぶことができます。
クラブ活動がたいへん盛んで、同好会、有志も合わせると約60近い団体が活動しています。中学生では、ほぼ100%の生徒がクラブに参加しています。ほとんどのクラブが中1から高2まで一緒になって活動し、同学年だけでなく、先輩・後輩という他学年との人間関係が築かれています。中3からは、クラブ以外でも、気のあった仲間同士で同好会や有志を結成して文化祭に参加するなどの活動もあります。