シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

学習院女子中等科

2022年07月掲載

学習院女子中等科の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.“たまたま”正解した理由を考える

インタビュー1/3

解法パターンに頼らない学習をしてほしい

山本先生 受験生はこの問題のさくらさんのように、同じ考え方で解いたのに正解したりしなかったりという経験はないでしょうか。“たまたま”正解するのはなぜか。この問題は単に問題が解ける、正解できるだけでなく、問題の意味を理解して解く力を試しました。
受験生はいろいろな問題に取り組んでいることでしょう。その際、「こういう問題はこうやって解く」という解法パターンを暗記するのではなく、目の前の問題の意味をきちんと理解して解いてほしいですね。意味が理解できていれば、説明することもできると思います。

数学科/山本 泰嗣先生

数学科/山本 泰嗣先生

普段考えない偶然の正解をあえて考える

この問題は、なぜ実際の比と異なった(間違った)のかではなく、実際の比と等しくなった(たまたま正解した)理由を聞いています。どんな条件が揃うと解き方が正しくなくても正解するのか、普段あまり考えないことを考えさせているのがユニークです。

吉村先生 AとBだけでなくCも提示することで、AとBの単位当たりの量が等しいのは偶然であることに気づきます。
この問題が比を求める問題で解答が答えだけなら、さくらさんの解き方でも“正解”ですが、正解すればそれで終わりにしてほしくありません。どうして間違った解き方で正解したのか、普段考えたことがないことを聞かれてどう答えるか、その場の対応力も問われます。

書けた受験生は概ね正解だった

出来具合はいかがでしたか。

山本先生 思っていたより書いてくれましたし、説明が書けた受験生は概ねできていました。「単位当たりの量が等しい」というキーワードが書けていれば正解です。一方、全く書けなかった無答の受験生もいました。比が苦手なお子さんは、こうした聞かれ方をすると書きにくいのかもしれません。
「偶然だから」という解答がありましたが、それ以上書きようがなかったのでしょうね。考え方のイメージは持っていたかもしれませんが、相手に伝わるように言葉で説明するのは、一段階ハードルが上がります。
教科書の「単元のまとめ」には、「どうしてそうなるか」という本質的なことが書かれています。でも、受験勉強ではいかに問題を解くか、式を立てて正解することに力が注がれるため、本質的なところが置き去りになってしまいます。
ちなみに、この問題は書けなかったけれど、次の問い(BとCを全て混ぜて作ったミルクコーヒーに含まれる牛乳とコーヒーの量の比)の計算に手を付けることができた受験生は少数ですがいました。

学習院女子中・高等科 校門

学習院女子中・高等科 校門

「50」という数値だけでは満点にはならない

山本先生 解答状況は、こちらの要求通りの満点の解答、おそらくわかっているだろうと汲み取った解答、書きようがなかった解答、無答といったところでしょうか。

汲み取る必要があった解答は何が足りなくて満点にならなかったのでしょうか。

山本先生 比の1あたりの量が「50mL」いうことは求めることができていました。けれど、これが何を意味するのか、次の段階につながる説明がありませんでした。満点の受験生は「単位当たりの量」という言葉を使って、計算した比と実際の比が等しくなることを説明できていました。

吉村先生 私は現在中3を教えています。この問題を中3に解いてもらったところ、多くの生徒は単位量の50という数値を素早く求めることができました。ただ、うまく説明できなかった生徒もいましたから、小学生が言葉で説明するのは簡単ではないと思います。

学習院女子中・高等科 音楽教室

学習院女子中・高等科 音楽教室

説明は式なし・言葉だけでもOK

特に計算式がなく、「比の1にあたる量が同じだから」という言葉だけの解答でも満点は取れますか。

山本先生 この問題は言葉だけの説明でも構いません。50という数値を出している、あるいは「単位当たりの量がAとBは同じだけれどCは異なる」ということを書いていれば満点です。
言葉がなくて式だけの解答もありました。求め方を見て、理解できているとわかれば正解にしましたが、こちらが「こうだろう」と汲み取らなければならないものは若干減点しました。その点はきちんと説明できた受験生と差をつけました。

ミルクコーヒーという題材で取り組みやすく

混合物の問題では合金が取り上げられますが、それでは子どもがイメージしにくい。ミルクコーヒーという題材は、子どもにとって身近で取り組みやすいと思います。

吉村先生 聞きたいことは決まっていたので、何を題材にするかは思案しました。濃度の問題というと食塩水が思い浮かびますが、苦手な子どもは「食塩水」というだけで身構えてしまいます。「ミルクコーヒーなら」とやる気になってくれたのならうれしいですね。

学習院女子中・高等科 体育館

学習院女子中・高等科 体育館

インタビュー1/3

学習院女子中等科
学習院女子中等科1847(弘化4)年、京都で開講された公家の学習所がその起源。1885(明治18)年に華族女学校開校、創立130年を越える。1906年学習院と合併し、学習院女学部となる。1918(大正7)年に学習院から女学部が分離して女子学習院となる。1947(昭和22)年、宮内省の所管を離れ、私学として現校名に。1999(平成11)年から高校募集停止。
重要文化財でもある鉄製の正門を入ると、四季折々の自然が望める6万6千m2の広大な敷地に女子中・高等科と女子大学の校舎がある。理科・芸術科・家庭科は科目ごとの専用教室があり、コンピュータ室や、2つの体育館、温水プール、テニスコートなど施設も充実。沼津游泳場など校外施設もある。官立から普通の私立として再発足してから70年を越える歴史をもつ。「広い視野、たくましい創造力、豊かな感受性」を教育目標とし、世界的視野に立って、広く国際社会に貢献できる積極的な女性の育成をめざす。同窓会には皇族妃殿下が名を連ねるが、校内は気取らず明るく活発な雰囲気。
実験や実習を多く取り入れた授業を展開。特に創造性に富む表現力、情報を的確に伝える論理的構成力を育てるため、国語の作文、理科や社会のレポート作成などに力を入れる。中1の国語(古文・表現)、中1の数学(数量)・中2の数学(図形)・高1の数学Ⅰ、中1の技術家庭では1クラスを2分割。中1・中2の保健体育(水泳)、中2の技術家庭、中3の社会(公民)では1クラスに2人の教員が入るT.T.の形をとっている。また、英語はすべての学年で少人数制の授業。帰国生を除き、中1・2では均等分割をして基礎力を強化し、中3からは習熟度別授業を行う。高等科ではドイツ語・フランス語も履修できる。高2で文系・理系のコース制を導入。高3では卒業レポートを作成。60%程度が学習院大学・学習院女子大学へ推薦入学するが、最近は国公立大や早慶上智大への合格者も伸びている。海外の大学への進学者も増えている。
校長を科長、ホームルーム担任を主管と呼び、あいさつは、常に「ごきげんよう」である。「ことば」の尊重とともに芸術教育も盛ん。道徳の時間には、正式な作法教育も取り入れている。林間・臨海学校、運動会、文化祭、学芸会、スキー教室など行事も多い。クラブは文化部20、運動部11、同好会3と活発。特にテニス、ブロックフレーテ・アンサンブルは好成績を収める。運動部1と文化部1、または文化部2の合計2つまで入部可。オーストラリアの姉妹校メソディスト・レディーズ・カレッジで英語を学ぶ研修旅行や中3・高2希望者対象のイギリス・イートン校でのサマースクールがある。