シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

昭和女子大学附属昭和中学校

2022年05月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

昭和女子大学附属昭和中学校の数学科が求めているチカラとは?

昭和女子大学附属昭和中学校/先生
1なぜ?の疑問に立ち止まれるチカラ

最小公倍数と最大公約数は教科書に載っていますが、「最大公倍数」と「最小公約数」は載っていません。もしかしたら、「なぜだろう?」と疑問に思った受験生がいたかもしれませんね。疑問に思ったことは放っておかない。そうした姿勢が思考力を鍛えることにつながります。

2もう一歩踏み込んで考えるチカラ

なぜ教科書に載っていないのか、その理由をあえて考えることで、最小公倍数と最大公約数の意味がよりわかるようになるのではないでしょうか。本校は、もう一歩踏み込んで考えようとする姿勢、本質をとらえようとする意欲のあるお子さんに入学してもらいたいと思っています。

3自分の考えを文章で伝えるチカラ

(問1)の最大公倍数は数が無限にあること、(問2)の最小公約数は「1」という数字に気づくことが解答のポイントです。(問2)は「すべて約数が1だから」という解答が多く、ここまでできていれば満点です。算数の問題で考え方を言葉で説明するのは小学生にとっては難しいかもしれませんが、粘り強く取り組んでほしいと思います。